2021年度 産業能率大学 入学者選抜の基本方針(予告)について

2021年度 産業能率大学 入学者選抜の基本方針(予告)について

産業能率大学では、文部科学省「平成33年度大学入学者選抜実施要項の見直しに係る予告について(通知)」に対応し、2021年度(平成33年度)入学者選抜の変更について、その概要を以下の通り予告します。
なお本予告は、今後変更となる可能性があります。その際は、改めて本学ホームページなどにより発表するようにします。

1.全体

(1)試験区分名称
試験区分の名称を次のとおりとします。

 現 行   平成33年度入試
 一般入試
 国公立大学併願入試
 センター試験利用入試
 一般選抜(個別方式)
 一般選抜(国公立大学併願方式)
 一般選抜(大学入学共通テスト利用方式)
 公募制推薦入試
 特別推薦入試
 学校推薦型選抜(公募方式)
 学校推薦型選抜(指定校方式)
 AO入試
 AL入試
 キャリア教育接続入試
 AO入試(総合型選抜)
 AL入試(総合型選抜)
 キャリア教育接続入試(総合型選抜)
(2)入学者選抜の枠組について
各試験区分の募集人員、出願資格、入試日程については、現行の内容を一部変更する予定です。その詳細については、2020年5月下旬に別途公表する予定です。

2.試験区分ごとの実施概要

(1)一般選抜
一般選抜においては、現行の方式をもとに、改変を行います。その改変のポイントは、以下の通りを予定しています。

●一般選抜(個別方式)・・・現行の一般入試をもとに改変を行います。その改変に際しては、大学入試センターが認定した英語資格検定試験は、出願の必須要件とはしませんが、英語の4技能を評価するため、合否判定に活用する方式を設置します。

●一般選抜(国公立大学併願方式)・・・大学入学共通テストと一般選抜双方の得点合計で総合的に判定する選抜を実施します。

●一般選抜(大学入学共通テスト利用方式)・・・大学入学共通テストの得点を利用する選抜を実施します。

(補足①)「学力の3要素」に関する評価について
現行の⼀般入試問題でも、単なる「知識」だけではなく、「思考力・判断力・表現力」を必要とする問題を出題しています。こうした出題についてさらに工夫を加え、高校までの学習を適切に評価できるような出題とします。
「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関する経験について、高校で取り組んだ探究学習あるいは課題研究での経験について出願時に記載することを予定しています。また、上記学習経験については、高校での取組に差異があることから、その是正を目的に、「主体性」「協働力」の育成を目的としたプログラムの受講を入学予定者に課す予定です。

(補足②)大学入学共通テストの『国語』及び『数学』の記述式問題の活用について
大学入学共通テストの「国語」及び「数学」では、マークシート式問題に加え、記述式問題も含め評価します。

(2)学校推薦型選抜
現行の推薦入試でも、選考時に学力3要素について多面的・総合的に選考しています。さらに、高校での探究学習、課題研究での経験についての記載を出願書類に加えると共に、出願前、入学前の各段階で「主体性」「協働力」の育成を目的としたプログラムの受講を課す予定です。
また、大学入学共通テスト等の利活用を予定しています。
(3)総合型選抜
本学のAO(アドミッションズ・オフィス)入試、AL(アクティブラーニング)入試、キャリア教育接続入試は、これまでも知識・技能を含めた学力3要素について多面的・総合的に入学者を評価しています。さらに、高校での探究学習、課題研究での経験についての記載を出願書類に加えると共に、出願前、入学前の各段階で「主体性」「協働力」の育成を目的としたプログラムの受講を課す予定です。
また、大学入学共通テスト等の利活用を予定しています。
以上
[本件に関する問い合わせ先]
産業能率大学 入試センター 03-3704-1110(9:00~17:00 ※土日祝を除く)