修了生の声

2016年3月修了生の声

和田早苗(2016年3月修了)
株式会社TKC
営業本部 企業情報第二営業部
課長代理  
入学の動機
職場においても人としても質が求められる年代になり、いまの体力(知識や経験)で走り続けることができるのか、満足のいくゴールができるのかと考えるようになりました。これからの経験をより価値あるものにするためにはどうすればよいかと考えていたとき、産業能率大学大学院に税務マネジメントコースが新設されることを知りました。 私の勤務先は、事業目的のひとつに「会計事務所の職域防衛と運命打開」を掲げ、税務・会計に特化した情報サービスを行っています。マネジメントの理論や問題分析と解決の手法を習得するだけでなく、税務に関する専門知識を学ぶことで、日々、社会的責務を全うする税理士をより支援することができる人材となり、会社や社会に貢献したいと考え、産業能率大学大学院を選びました。
魅力的な授業
特に印象に残っているのは、「職場のマネジメント」と「変革ファシリテーション」です。 「職場のマネジメント」では、「トップよりも現場を知り、現場よりも経営を知る」立場から積極的に情報発信する独自の機能を担うとする“ミドル・マネジメント”を主体的に捉え、「課題形成」「課題共有」「問題解決」のプロセスを学びます。組織人としての自己探求であり、受講後も折に触れ立ち返ることが多い内容です。 「変革ファシリテーション」では、AI組織開発手法によるファシリテーション・コミュニケーションスキルを学びます。課題の1つ「自組織における問題の現状認識」として、自分や自分の周りの人が普段どのようなことを考えて仕事しているかを絵に描いたのですが、A4用紙から描き始めた絵がA3用紙2枚にもなってしまい、自分がいかに多くの人の想いに囲まれて仕事しているかということをあらためて認識するよい機会になりました。
「税法演習(修士論文)」ゼミを通じて感じたこと
税務マネジメントコースでは、税法に関することを題材に研究します。在学生の大半は税理士を目指していますが、当然、税務の専門家ではありません。自分が研究する題材について、法律や専門書、過去の裁判例や評釈等から学ぶことで、初めて自分の解釈や意見を見出すことができると思います。ですから、いかに多くの情報を収集し体系的に学び、そして研究できるかが重要です。ゼミでは、これをひとりで考えるのではなく、自分が研究したことを何度も発表し、議論を重ね、自分の考えをより明確にすることができます。ゼミを通じて、仕事やプライベートとも異なるかけがえのない仲間そして恩師と出会うことができました。
仕事と学生との両立
自分の業務スケジュールをある程度捕捉できるようになるミドル世代であっても、自分の時間を確保するとなると難しいものです。社会人ですから大学院の講義も遅刻や欠席はご法度です。私は業務の予定と大学院の講義などを同じレベルでバーチカル手帳に記入し、数ヶ月単位でスケジュール管理していました。また、講義とは別に予習や課題提出のための時間も必要ですから、時間を捻出するため仕事の進めかたも変わりました。そのあたりは、マネジメントに関する講義で日々刺激を受けましたので効果覿面といったところでしょうか。

2015年3月修了生の声

今成 淳(2015年3月修了)
株式会社フェローテック
人事部 部長代理
入学の動機
きっかけは会社の人事制度構築のコンサルティングを産業能率大学にお願いし、その際に窓口を担当させて頂いたことでした。この経験により体系的にマネジメントについて学びたいと思うようになり、当社のコンサルタントの先生のような実務家出身の先生が多いところで学べること、自組織の課題解決を最終目標とする実践的なカリキュラムを備えていることの2つが魅力的で、産業能率大学にお世話になろうと考えました。
魅力的な授業
全ての授業で様々なことを得ることができましたが、その中でも特に印象に残っている授業は、「組織変革論」と「リーダーシップ論」です。
組織変革論では、人事担当者として抱えていた悩みを解きほぐすような理論と事例を学ぶことができました。この授業は発言しやすい雰囲気で仲間との交流も深くなり、通学するのが楽しくなったのもこの頃でした。
リーダーシップ論では、人事担当者として会社の人材育成への指針とすべきものを学べたことはもちろん、自分のこれからを支えるものは何か、鍛えるべきものは何かを見つめる良い機会を得ることができました。
「マネジメントに関する課題解決ゼミ」を通じて感じたこと
会社も仕事もバラバラのメンバーが、自社の課題解決を目的に一斉に同じ取り組みをします。毎回メンバー全員の進捗状況発表を中心に進みますが、教授からの講義や指摘による導き、仲間の指摘や彼らの発表から得られる気づきにより、自分の頭が次第に整理されていくのがわかりました。課題への取り組みはもちろんですが、物事の整理の仕方をたたき込んで頂けたことも自分にとって大きな財産になったのではないかと思います。
仕事と学生との両立
正直なところ時間はひねり出すしかありません。元々怠けがちな性分のため、なるべく平日の夜は終電間際まで会社を使わせてもらい、休日は図書館などを利用して課題に取り組んでいました。また通勤時間や会社の昼休みなどのちょっとした時間も本を読む、気付いたことをメモする・スマホに打ち込むというようなこともよくやっていました。自分にしては頑張った方かなと思いますが、それができたのも会社の理解があったことと、仲間と学ぶ時間が本当に楽しく、私にとってとても大切な時間だと思えたためです。

2014年3月修了生の声

高橋真人(2014年3月修了)
アステラス製薬株式会社
プロダクトマーケティング部
シニアプロダクトマネージャー 
入学の動機
私が産業能率大学大学院(MBA)への入学を希望した動機は、会社でのOJTや独学では、自分の成長に限界があると感じたからです。
長い間、同じ会社や同じ業界の中にいると、そこでの考え方やルールが染みついてしまい、世の中の最先端を走っているヒトや企業に遅れてしまうのではないかという不安がありました。
また、普段決して接する事のないさまざまな企業で活躍している方との異文化交流や他流試合的な要素も期待して入学いたしました。
魅力的な授業
受講前の段階では、正直あまり興味のないものもありましたが、実際受講してみると、どの授業も自分にとっては大変有意義なものとなりました。そのような意味では、あまり好きな授業だけ受講するのではなく、幅広く勉強するのがいいのではないかと思っています。
中でも特に印象が残っているのは「経営戦略」と「ブランディング」、「ファイナンス」の授業です。「経営戦略」では、企業を経営する上での重要な考え方や視点を学ぶ事ができ、「ブランディング」では、自分の専門とする分野をさらに強みとする事ができたのではないかと思っています。また「ファイナンス」では、自分のあまり知らない分野の知識を深める事ができ、今までとは違う視点で会社や業務を見る事ができるようになりました。
「マネジメントに関する課題解決ゼミ」を通じて感じたこと
実際に所属する組織や業務に関する課題をゼミのテーマとしてリアルに取り上げる事で、自分の仕事や業務について、改めてしっかりと考える良い機会となりました。また、数人という少人数で、先生やゼミのメンバーと長い期間にわたり深い議論をする事ができ、良い勉強の機会となりました。
仕事と学生との両立
私の場合、仕事との両立が一番の不安でした。仕事は平日が遅くまでかかるだけでなく、休日にも頻回に出勤があり、出張も多い仕事をしていたからです。これを乗り越えられたのは正直「ド根性」の一言です。しかし、どんなに忙しい局面にあっても、限られた時間の中で成果を出さなければいけないという事や、同じ目的をもった仲間と一緒に苦楽を共に過ごせた事は、かけがいのない経験になったのではないかと思っています。