産業能率大学・自由が丘産能短期大学 通信教育課程

検索

menu

インタビュー動画

編入制度により自分のペースで卒業できるのが魅力だと思う。

自由が丘産能短期大学 通信教育課程 卒業
医療機器メーカー 営業

齊藤 朋章 さん

私はいま、医療関係のメーカーで営業職をしております。

元々、早く社会に出て働きたいという気持ちが強かったので、高校卒業後にすぐ就職し、ずっと働いてきました。

社会人になって色んな経験を積み重ねていく中で、自分をさらに高めるために、学びが必要なのではないかと考えるようになりました。

それがより鮮明になったのは、5年前に現在の会社に転職をしてからです。

年々、後輩が増えてきて、ポジションも上がっていく中で、近い将来、マネジメント力が必要になると感じたからです。

入学してからは、テキストで学習した内容をすぐに仕事で実践することを心掛けました。
例えば、上司や同僚への伝え方を変えてみたり、後輩への指導方法を少し変えてみたり、学んだことを実践に応用できる場面がたくさんありました。

これまでは上司から指示があった際に、感覚的にはおかしいとわかっていながらも、うまく伝えられずに、ただ指示に従わざるを得なくなってしまう場面がありました。

それが、指示対して問題点を論理的に整理し、それに対しての解決策を提案できるようになり、結果として、仕事がスムーズに進むようになりました。

そうしたことを繰り返すうちに、結果の数字や社内外の評価もよくなり、学んで良かったなと実感しています。

私は今年の秋で短大を卒業しますが、卒業後はひとまず業務に関する資格を取得するために勉強したいと考えています。
無事に資格を取得できたら、あらためて大学の3年次に編入学し、最終的には大学院でも学びたいと考えています。

最初は仕事に活かせる知識を学ぶために入学しましたが、学ぶことそのものの楽しさや、新しいことを知ることで毎日の生活が豊かになるということを知れたのは、最も大きな収穫でした。

入学説明会のご案内

2022年2月の入学説明会・オンライン個別相談の申し込みを開始しました。

入学説明会はオンラインや主要都市にて開催しています。
全体説明では、本学の特色や学習のしくみ、入学手続きなどの概要についてお伝えします。
模擬授業では、実際の教員が登場し、スクーリングを体験することができます。
個別相談では、職員が1対1で相談に乗り、入学前の疑問や不安を解消することができます。