産業能率大学・自由が丘産能短期大学 通信教育課程

検索

menu

取り組みやすいリポート

SANNOのリポートの特徴

科目修得試験を受験するには、リポートに合格することが条件です。
(100点満点中60点以上で合格)

POINT.1 テキストから出題!

産能のリポートは、基本的にテキストから出題していますので、テキストの内容をきちんと理解すれば、合格することができます。

リポートはテキストの内容をどれだけ理解しているか確認するためのものなので、成績には影響しませんが、テキストをしっかりと学習することが科目修得試験合格のカギとなります。

「教員添削型」と「機械採点型」の2つのリポート形式があります。

POINT.2 論文形式ではありません(教員添削型)

教員添削型リポートの問題は、客観式問題と論述式問題で構成されています。

論述問題は、多くても200~300字程度で解答できるものがほとんどで、2000字を超えるような論文形式の問題はありません。

解答を記入したリポートは、専用封筒に入れて15円切手を貼ってポストに投函していただきます。3週間程度で、教員が赤字で添削指導したものが返送されます。

どの問題を間違えたのかが一目でわかり、間違えてしまった問題を復習する際にも活用できますので、科目修得試験の試験対策として活用することができます。

POINT.3 取り組みやすい(機械採点型)

約半数の科目は機械採点型のリポートです。テキストから学び取って欲しい知識やスキルについて理解できているかを確認するもので、客観式問題のみで構成されており、解答のしやすさが特徴です。

テキストを参照しながら問題に取り組み、専用のハガキ型解答用紙に答えを記入し、15円切手を貼ってポストに投函していただきます(2022年度から、一部の科目で、Webでリポート提出ができるようになります)。

採点結果は、正誤のみでなく、理解のヒントとなるコメントが記載された「成績連絡表」が返却されます。