コースのご案内

福祉と心理コース

医療・福祉機関のコア人材をめざす!

こんな方にお薦めです

福祉や医療の現場で活躍したい方
円滑なコミュニケーション力を身につけたい方
産業能率大学通信教育課程の「医療・福祉マネジメントコース」や「心理マネジメントコース」、「心理カウンセリングコース」への3年次編入学をお考えの方

学べる内容、身につく能力

POINT1

福祉全般に関する諸問題を理解し、福祉や医療の現場で問題解決に向けた提案ができる能力の修得をめざす。

POINT2

心理学諸分野の知識を有し、福祉や医療の現場においてクライアントと円滑にコミュニケーションできる力を身につける。

POINT3

産業能率大学通信教育課程「医療・福祉マネジメントコース」や「心理マネジメントコース」、「心理カウンセリングコース」への3年次編入学をめざす方にとって必要な基礎力を身につける。

Student’s VOICE

障害者福祉施設勤務
木下 侑介さん(神奈川県)

福祉施設の現場でも役立つ心理学の知識などが学べ、自分自身の視野も広がっています。

 私は現在、障害者福祉施設で支援員として働いています。働くうちに専門的な知識の必要性を痛感し入学しました。
 本コースのスクーリングでは「心理学」が印象に残りました。普段働きながら体験的に必要だと感じていること、例えば傾聴することなどが何故必要なのかを学術的な面から捉えることができたからです。
 また、「法学概論」のスクーリングも印象的でした。福祉と法律はあまり馴染みがないので、普段の福祉的な視点とは違う物事の捉え方が勉強になりました。
 さらに、スクーリングを通して普段接することが少ないさまざまな年齢層の方々と話すことができ、視野が広がりました。

コースの概要

 今、医療や福祉の分野では、少子高齢化の進展や医療・福祉機関の競争激化等を背景として、高度で多様なサービスの提供が強く求められています。そのためには、医療や福祉の分野でも、マネジメントやビジネスの発想が必要になってきているとともに、クライアントの気持ちを正しく理解して、適切なコミュニケーションをとることがとても大切であると言ってよいでしょう。
 本コースは福祉・健康・心理の各分野の基礎的知識と、コミュニケーションやビジネスの基本について学習し、福祉や医療の現場で自分の専門技術を効果的に活用できる能力の修得を目標としています。また、「心理学」「社会学概論」「法学概論」を学んで卒業すると、社会福祉主事任用資格も得られます。

Faculty’s VOICE
准教授 小野 洋子

医療や福祉の現場では、日々さまざまな問題に直面していることと思います。学ぶことで新たな視点を持って問題に取り組むことができるはずです。ぜひ、一緒に楽しく学び合いましょう。