学び・コース

福祉と心理コース

医療・福祉機関のコア人材をめざす!

こんな方にお薦めです
  • 福祉や医療の現場で活躍したい方
  • 円滑なコミュニケーション力を身につけたい方
  • 産業能率大学通信教育課程の「医療・福祉マネジメントコース」や「心理マネジメントコース」
    「心理カウンセリングコース」への3年次編入学をお考えの方

学べる内容、身につく能力

 POINT1 
福祉全般に関する諸問題を理解し、福祉や医療の現場で問題解決に向けた提案ができる能力の習得をめざす。
 POINT2 
心理学諸分野の知識を有し、福祉や医療の現場においてクライアントと円滑に
コミュニケーションできる力を身につける。
 POINT3 
産業能率大学通信教育課程「医療・福祉マネジメントコース」や「心理マネジメントコース」、
「心理カウンセリングコース」への3年次編入学をめざす方にとって必要な基礎力を身につける。

Student’s VOICE

保険会社勤務
川合 里沙 さん

高齢者や介護の目線での心理学を
夢の実現につなげていこうと考えています。


これまで看護や介護を学んできましたが、さらにスキルを上げ、もっと人の心に寄り添える人になりたいと思い、本コースへの入学を決めました。ここでしか学べない科目も多く、2年生になると老年期、高齢者や介護の目線での心理学を学ぶことができ、どれも興味深いものがあります。また、心理学だけでなく福祉関係の知識も幅広く身につけることができます。福祉住環境コーディネーター3級の教材もあるので、資格取得をめざすのもいいかもしれません。
ここでの学びは、直接現在の仕事と関連することはありませんが、職場の人間関係やこれからの人生に大きく役立っていくと思います。私は将来、医療関係の仕事に就きたいと思っています。その時は今学んでいること、学んできたことを最大限に発揮できるよう、しっかりと準備していきたいと思っています。

コースの概要

今、医療や福祉の分野では、少子高齢化の進展や医療・福祉機関の競争激化等を背景として、高度で多様なサービスの提供が強く求められています。そのためには、医療や福祉の分野でも、マネジメントやビジネスの発想が必要になってきているとともに、クライアントの気持ちを正しく理解して、適切なコミュニケーションをとることがとても大切であると言ってよいでしょう。
本コースは、福祉・健康・心理の各分野の基礎的知識と、コミュニケーションやビジネスの基本について学習し、福祉や医療の現場で自分の専門技術を効果的に活用できる能力の習得を目標としています。また、「心理学」「社会学概論」「法学入門」を学んで卒業すると、社会福祉主事任用資格も得られます。

福祉と心理コースの科目構成
1年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 産業能率大学とマネジメント                        1
社会学概論 2
心理学 4
法学入門 2
環境論入門 2
コミュニケーション論 2
ビジネス基礎力
強化科目
経営学入門 2
考える力をつける 2
問題発見・解決力を伸ばす 2
情報分析力を鍛える 2
伝える力を伸ばす 2
福祉と心理コース
専門科目
人間関係を学ぶ心理学 2
手話入門 2
社会心理学 2
福祉心理学 2
社会福祉入門 2
高齢者心理学 2
健康と生きがい 2
健康と福祉 2
39単位分配本
2年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 異文化コミュニケーション論                        2
日本の伝統文化と作法 2
ストレスとこころの健康 2
世界の歴史 2
ビジネス基礎力
強化科目
時間活用術 2
組織のマネジメント 4
福祉と心理コース
専門科目
高齢者の福祉 2
高齢者の雇用問題 2
家族・地域社会・余暇を考える 2
福祉住環境の考え方と実践 2
介護における人間理解 4
介護・福祉と口腔ケア 2
28単位分配本





合計67単位分配本
卒業に必要な単位数 62 単位
SC欄  ○:通学形式のスクーリング ◆:iNetスクーリング ★:特設スクーリング

資格情報 「健康生きがいづくりアドバイザー」
「健康と生きがい」「家族・地域社会・余暇を考える」「健康と福祉」「高齢者の雇用問題」の4科目のリポートなどに合格すると、「健康生きがいづくりアドバイザー」資格(一般社団法人 健康・生きがい開発財団の認定資格)の養成講座(通学形式で約20時間の講義)の受講が免除されます。

Pick Up 科目紹介

福祉心理学
福祉心理学では心の有り様を考え、安心して生きていける社会を作り上げるという新たな福祉の在り方を理解します。また、福祉を「補償」から「予防・保健」へ、高齢社会を「ネガティブな認識」から「豊かさの創造」へ、ととらえる新たな考え方についても学習します。

介護・福祉と口腔ケア
介護や福祉の分野でも、口腔ケアは「オーラルマネジメント」として重要性を認識されています。本科目は、口腔ケアの最新知識と技術を理解し、有効な口腔ケアの実践について学習します。

Faculty’s VOICE
准教授  小野 洋子

本学は実践教育に主眼をおいています。ベースとなる知識・理論を体系的に学び、考える力を鍛えることによって、新たな視点が得られ、問題解決力は格段にアップするはずです。引き出しをたくさん増やし、現場で直面するさまざまな問題を解決する力を身につけましょう。スクーリングでは、皆さんの能力を引き出すグループワークもたくさん行われており、自然とコミュニケーション力も増強されていくと思います。努力は決して裏切りません。皆さんも想いを遂げ、頑張り抜いてほしいと思います。