コースのご案内

ファイナンシャル・プランナーコース

日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会の「AFP認定研修」が組み込まれたカリキュラムにより、
金融、税金、資産運用などの知識を活用し、ライフプランニングができる人材を育成します。

ライフプランニングを身に付ける

こんな方にお薦めです

FPの仕事や資格取得を目指したい方
企業の財務・会計部門で活躍中の方
金融の知識を使ったコンサルタントを目指したい方
POINT1 身に付く能力

税金のしくみや金融商品に関する知識の修得に加え、顧客ニーズを的確に把握できるように、対人コミュニケーション力を養成します。

POINT2 目指せる資格

日本FP協会が認定する「AFP」や「2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)」などの取得を目指します。

POINT3 活かせるステージ

証券や保険など金融関連商品を扱う業務や資産管理・運用などをアドバイスするコンサルタントとして活躍できます。

Student’s VOICE

事務職 車 文乃 さん

挑戦したい仕事に出会えたことも収穫です。

入学の目的・理由
高校卒業後に就いたのが体力のいる仕事で、事務職に就きたいと思ったことが通信教育に興味を持ったきっかけです。転職を有利にするためにもまずは短期大学士を取ろうと思いまして、友人から紹介された自由が丘産能短大の通信教育課程に入学しました。転機になったのは、学生同士の交流の場になっている学生会に入会したことです。そこで労務のエキスパートとして働いている方々と知り合い、薦められたのが社会保険労務士でした。人の相談にのる事務職であることに惹かれ、目指すなら短大で卒業するのはもったいない。そう思って大学への編入学を決めました。

受講した感想
入学の決め手は学費負担の少なさでしたが、産業能率大学の魅力はスクーリングにあると思います。自分の殻を破ろうとしている方々とグループワークで意見をぶつけ合い、答えを探っていくプロセスは本当に楽しいです。最初は苦手意識もありましたが、今では癒される自分の居場所になりました。いろんな境遇の人がいて当たり前というムードの中で、全員が理解できるまで先へ進まない風土も感じます。ですから、勉強が不安な人ほどお薦めしたいですね。現在の目標はFP2級試験で腕試しをして、最終的には社会保険労務士の資格試験に合格することです。

※本コースは日本FP協会の「特別認定教育機関」のプログラムであるため、入学された方の住所、氏名、電話番号、生年月日、性別の5項目が同協会にも登録されます。

Faculty’s VOICE
産業能率大学兼任教員 CFP®認定ファイナンシャルプランナー 佐藤 益弘

人生そのものを設計する。そこにFPの真価があります。

かつての日本では、個人がお金の使い方を学ぶ必要はありませんでした。雇用が安定し、金融業が規制内にあったからです。時代が変わり、自分で自分の財産を守らなくてはならなくなった今、懸念されるのはお金に関して豊富な知識を持つ人が少ないことです。FPの知識は、ライフプランの専門家としてコンサルティングに役立つとともに、自分自身が人生をより良く生きていくための知恵でもあります。ニーズは今後ますます高まるでしょう。