学び・コース

ファイナンシャル・プランナーコース

ライフプランニングを身につける

日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会の「AFP認定研修」が組み込まれたカリキュラムにより、金融、税金、資産運用などの知識を活用し、ライフプランニングができる人材を育成します。

FPの仕事や資格取得を
めざしたい方
企業の財務・会計部門で
活躍中の方
金融の知識を使った
コンサルタントをめざしたい方

POINT 1  身につく能力
税金のしくみや金融商品に関する知識の習得に加え、顧客ニーズを的確に把握できるように、対人コミュニケーション力を養成します。
POINT 2  めざせる資格
日本FP協会が認定する「AFP」や「2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)」などの取得をめざします。
POINT 3  活かせるステージ
証券や保険など金融関連商品を扱う業務や資産管理・運用などをアドバイスするコンサルタントとして活躍できます。

Student’s VOICE

実務に即した知識なので、高度な内容にも 意欲的に取り組めます

3年
早馬 洋人 さん

入学の目的・理由
1日も早く社会保険労務士(以下社労士)として仕事をしたかったため、まず自由が丘産能短期大学通信教育課程の社労士コースに入学しました。社労士の受験資格を得るために、通学制の大学への進学も検討しましたが、受験準備に時間を使いたくありませんでした。卒業後に大学3年次に編入学できることや、2ヶ月に一度は科目修得試験があり履修計画が立てやすいことも選択した理由の一つです。学費がリーズナブルであることも重要なポイントでした。さらに、FPの知識を社労士の仕事をする時の強みにしたいと思い、大学に編入学してこのコースを選択しました。


受講した感想
このコースを選んだのは、FPの知識が社労士としての活動にも役立つと思ったからです。お金に閲する知識の豊富さを社労士としての強みにしたいと考えていますので、理解を深めるために、スクーリングがある科目を重点的に履修しています。たとえば、「相続税法入門」をテキストで学習した後、「FPのための相続・事業承継」のスクーリングに参加して実務を学ぶという流れです。お客様とのやりとりを想定したグループワークを行う科目もあるので、コミュニケーション力のトレーニングにもなります。これほど実践的な通信教育課程は他にないと思います。

ファイナンシャル・プランナーコースの科目構成

  3年次科目
マネジメント力強化科目(全コース共通)
科目名 SC 単位
経営の行動指針(土光敏夫語録に学ぶ) 2
経営管理論 4
経営戦略論 ○◆ 2
マーケティング論 2
人材マネジメント論 2
知的思考の技術 2
しなやかな心をつくるメンタルマネジメント 2
 16 単位分配本
コース専門科目
区分 科目名 SC 単位
資金計画 税金・年金入門 2
資金計画 FPのためのライフプランニングと資金計画 2
税務の知識 FPのためのタックスプランニング 2
不動産運用 FPのための不動産運用 2
リスクと保険 FPのためのリスク管理 2
金融資産運用 FPのための金融資産運用 2
金融資産運用 金融商品とリスク 2
相続・承継 FPのための相続・事業承継 2
相続・承継 相続税法入門 2
コンプライアンス ビジネス倫理 2
 20 単位分配本
3年次 36単位分配本
※SC欄 「○:通学形式のスクーリング」「◆:iNetスクーリング」
※卒業にあたって、3・4年次に必要な単位数は、62単位です。3年次の配本は36単位分です。

  4年次科目
3年次に選択したコース以外の専門科目、基礎科目の中から36単位まで自由に選択できます。
科目については、こちらをご参照ください⇒「大学3・4年次のカリキュラム」

4年次 36単位分配本
3・4年次 合計72単位分配本
卒業に必要な単位数 62単位
※本コースは日本FP協会の「特別認定教育機関」のプログラムであるため、入学された方の住所、氏名、電話番号、生年月日、性別の5項目が同協会にも登録されます。

Pick Up 科目紹介

税金・年金入門
楽しく安心できるライフプランを具体化するには、金融商品、税金、年金、保険といった、お金に関する基礎知識を身につけることが大切です。本科目では、「知って得する」マネーの知識を学ぶとともに、自分のマネープランを立案できることをめざします。

FPのためのライフプランニングと資金計画
「教育」「住宅」「老後」といった三大資金計画について、ローンを含めた課題と設計の内容について学習します。また、リタイアメントプランの考え方を把握し、社会保険と公的また私的年金制度の仕組みについても理解を深めます。

Faculty’s VOICE
産業能率大学兼任教員 CFP®認定ファイナンシャルプランナー 佐藤 益弘

人生そのものを設計する。そこにFPの真価があります。

かつての日本では、個人がお金の使い方を学ぶ必要はありませんでした。雇用が安定し、金融業が規制内にあったからです。時代が変わり、自分で自分の財産を守らなくてはならなくなった今、懸念されるのはお金に関して豊富な知識を持つ人が少ないことです。FPの知識は、ライフプランの専門家としてコンサルティングに役立つとともに、自分自身が人生をより良く生きていくための知恵でもあります。ニーズは今後ますます高まるでしょう。