コースのご案内

心理マネジメントコース

心理学のさまざまな分野とビジネスマネジメントに活かせる心理学の知識を修得。
組織マネジメントや日常生活の中で実践できるスキルとして身に付けます。

心理学をビジネスや日常生活に活かす

こんな方にお薦めです

心理学を初歩から学びたい方
人間関係と組織マネジメントに興味のある方
日常生活の中で心理学の知識を活用したい方
POINT1 学べる内容

ビジネス心理学、家族心理学、チームワークの心理学など、多彩なテーマから人間の心理と行動について考察します。

POINT2 身に付く能力

ビジネスや日常生活で、人間心理に関する知識を用いて問題解決に向けた適切な助言や提案ができる実践的な能力を養います。

POINT3 活かせるステージ

本コースで学んだ知識や知恵は、ビジネスや職場、家庭、地域活動など社会生活全般に活かすことが可能です。

Student’s VOICE

アパレル販売員 正木 喜子 さん

お客様に対する新たなアプローチを見つけるために。

入学の目的・理由
レディースの売り上げ拡大をミッションに、店舗でチーフ販売員を務めています。モノが売れない時代といわれる中で、感じていたのは今までとは違うアプローチでした。そこで私は、もっとお客様の気持ちや行動について理解を深めることが大切と考え、消費者心理や行動心理学に興味を持ちました。それが入学のきっかけです。店舗を長く存続させられるスキルを身に付け、自分自身も雇用されつづけるようにパフォーマンスを上げたい。そんな目的に叶うインプットを求めた結果、カリキュラムに魅力を感じた産業能率大学の通信教育課程を選びました。


受講した感想
人間の深層心理は本人さえ1割程度しかわかっていないと言われるように、お客様もまた自分がどんな商品を求めているのか明確ではありません。ここで学ぶ心理学は接客にすぐ活かせますし、他者理解の重要性など実践的な内容ばかりです。身に付いたスキルは多く、言葉を使わない演出表現方法や、店舗で増えつつある若手スタッフをマネジメントする方法にも役立っています。褒めるときは人格ではなく、行為を褒める。産業能率大学の学びは、新たな発見に満ちている一方で、自分の経験則を整理する機会にもなります。

Faculty’s VOICE
産業能率大学 准教授 博士(心理学) 臨床心理士 椎野 睦

価値観や性格が異なる他者との共存こそ、組織で働くということ。

心理学を学ぶということは、人の心の多様性に気づき、広く人を理解する力を育むことでもあります。また、人の心の多様性を学ぶことで自分と他者の違いに気づき、気づくことで自分を受け入れられるようになる。その結果、良い人生を生きるヒントが見つかるでしょう。ビジネスにおいて”人の心について学ぶ”ことは、自分の心と対人関係能力を鍛えることにつながります。組織で働くということは、価値観や性格が異なる他者との共存が重要であるといえるでしょう。