現代のマネジメントと産業研究

科目概要

この授業では、産業界やその他各界で活躍されている講師をお招きして、ご自分の現在の取り組みや過去の経験談などをお話ししていただきます。したがって、この授業の履修者は、今まで学んだ知識を講師の講演内容を通して再確認することができ、また自分の今後のキャリア形成への判断材料を得ることができます。
この授業の目的は、以下の3点になります。第1は、世の中の第一線でご活躍されていらっしゃる実務家に企業やその他の組織での活動を説明していただくことで、産業や社会の構造を理解することです。第2は、現実の社会を深く理解することで、そこで求められる人材像を確認し、今後のキャリア形成の一助にすることです。第3は、講師の方々のお話を正確に聞きとり、その概要を簡潔にまとめることです。
講師の方々には本学の学生教育に賛同していただいており、情熱を持って講師を引き受けていただいています。そして、皆さんの先輩たちは真剣に授業を聞き、講師の方々の期待に応えてきました。この授業は、いわば講師と学生の信頼の積み重ねによって成り立っているものです。皆さんはこうした経緯や状況を踏まえ、伝統を踏みにじるようなことがないようにすることはもちろん、「ぜひもう一度産業能率大学で話をしたい」と講師の方々に思っていただけるよう、更なる伝統を創りあげてもらいたいと思います。

ページの先頭へ戻る