学び・コース

税理士コース

税理士試験の受験資格の取得をめざす!

こんな方にお薦めです
  • 税理士の受験資格を取得し、資格取得をめざしたい方
  • 将来、税理士として独立開業できる力を身につけたい方
  • 税法や簿記の知識を身につけたい方

学べる内容、身につく能力

 POINT1 
税理士試験の簿記論・財務諸表論に関する体系的な学習をすることによって、
経営部門あるいは資産運用関連ビジネスの営業部門で中核的な人材として活躍できる能力を習得する。
 POINT2 
国家資格である税理士試験の受験資格を取得する。
 POINT3 
産業能率大学通信教育課程の「税務・会計マネジメントコース」へ編入学をめざす方にとって
必要な基礎力を身につける。

Student’s VOICE

会社員
丸山 隆司 さん

学ぶほど、深く学びたくなる。
それが産能短大の魅力。目標に向かって、着実に進んでいます。


会社の労働組合で会計監査を務めた経験があり、それがきっかけで、税理士に興味を持ちました。税理士になるための受験資格取得をめざし、税理士コースで、簿記の基礎と税法の基本を学びました。以前、会社の社員研修で産業能率大学 総合研究所のセミナーを受講したときに受けた印象と、トップクラスの卒業率が、産能短大入学の後押しになりました。会社の近くに自習室を借り、毎日仕事帰りに通う習慣をつけて、学習へのモチベーションを維持してきました。スクーリングで出会った仲間たちの存在も、大きな励みになりました。短大での学びは、学ぶほどにより広く、深く学びたいと思わせてくれる実践的なもの。簿記論、財務諸表論、税法など、学習を続けていきたいと思い、大学に編入学。税理士への夢に向かって、また一歩前進しています。

コースの概要

企業会計は、経営活動の基礎を支える基盤であると言ってよいでしょう。その専門性は、経営環境が大きく変化している今日、経営状態を把握したり、事業計画を立案する上で、ますます重要視されています。また、会計は税務と密接にかかわっていますが、適正かつ合理的な納税も企業経営にとっては重要なテーマだと言ってよいでしょう。 本コースでは、税理士試験の簿記論・財務諸表論を中心に学習します。税理士試験をめざす方はもちろんのこと、会計一般に関する基礎的知識を身につけたい方にも効果的なカリキュラムとなっています。

資格情報 税理士
税理士は税務関係のエキスパート。資格をとれば税理士事務所を開業することもできる、社会的評価の高い資格です。受験資格は細かく規定されていますが、本学では「法学入門」を修めて卒業すれば受験資格が得られます。また日商簿記検定1級合格も受験資格になります。試験科目は簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、固定資産税など。受験できるのは5科目以内で、1年に1〜2科目ずつ数年かけてとることもできます。
※税理士をめざす方は、「税法」分野の科目履習もお薦めします。
(税理士についての詳細はコチラ)
国税庁 URL.http://www.nta.go.jp/

税理士コースの科目構成
1年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 産業能率大学とマネジメント                               1
社会学概論 2
心理学 4
環境論入門 2
コミュニケーション論 2
ビジネス基礎力
強化科目
経営学入門 2
考える力をつける 2
問題発見・解決力を伸ばす 2
情報分析力を鍛える 2
伝える力を伸ばす 2
時間活用術 2
税理士コース
専門科目
税理士の仕事&税理士試験入門 2
簿記と財務諸表の知識 2
簿記初級 2
商業簿記入門 2
税理士のための簿記論Ⅰ(損益会計) 2
税理士のための簿記論Ⅱ(資産会計) 2
税理士のための簿記論Ⅲ
(資産・負債・純資産会計)
2
税理士のための簿記論Ⅳ
(構造論点・その他)
2
39単位分配本
2年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 法学入門 2
人間関係を学ぶ心理学                               2
経営のためのリベラルアーツ入門 2
世界の歴史 2
ガストロノミ(ワインと食文化) 2
ビジネス基礎力
強化科目
ビジネス文書&メールの書き方 2
ビジネス対話の技術 2
仕事をマネジメントする 2
税理士コース
専門科目
税理士のための財務諸表論Ⅰ(損益会計) 2
税理士のための財務諸表論Ⅱ(資産会計) 2
税理士のための財務諸表論Ⅲ
(資産・負債・純資産会計)
2
税理士のための財務諸表論Ⅳ
(構造論点・その他)
2
税理士のための財務諸表論Ⅴ(理論) 2
租税法入門 2
28単位分配本



合計67単位分配本
卒業に必要な単位数 62 単位
SC欄  ○:通学形式のスクーリング ◆:iNetスクーリング ★:特設スクーリング

Pick Up 科目紹介

税理士のための簿記論Ⅰ
株式会社の基本的な取引を内容とする簿記処理を体系的に学習します。簿記は暗記する科目と思われがちですが、本当は考える科目です。すべての取引を複式簿記のルールに基づき、各論点について結論を導き出すための数字の動かし方(仕訳の仕方)を理解します。

Faculty’s VOICE
教授 齊藤 聡

経営とは人を使う学問です。人と人のつながりを大切にし、大学で学んだ学問と日々の仕事をうまくつなげられるようになってほしいと考えています。大学では、専門性のある事柄を体系的に学べ、自分自身を異なる角度から見直すチャンスです。一人では苦しいことも一緒に学ぶ友人ができると、相互に助け合うことができます。そのために、スクーリングに参加しましょう。また、細切れの時間を有効に使うことです。10分あれば、何でもできると自分に言い聞かせて、行動するといいでしょう。