コースのご案内

税理士コース

税理士試験の受験資格の取得をめざす!

こんな方にお薦めです

税理士の受験資格を取得し、資格取得をめざしたい方
将来、税理士として独立開業できる力を身につけたい方
税法や簿記の知識を身につけたい方

学べる内容、身につく能力

POINT1

税理士試験の簿記論・財務諸表論に関する体系的な学習に加えて、税法の基本を学習することによって、経営部門あるいは資産運用関連ビジネスの営業部門で中核的な人材として活躍できる能力を修得する。

POINT2

国家資格である税理士試験の受験資格を取得する。

POINT3

産業能率大学通信教育課程の「税務・会計マネジメントコース」へ編入学をめざす方にとって必要な基礎力を身につける。

Student’s VOICE

税理士事務所勤務
永田 美和子さん(大阪府)

現役の税理士の先生から学ぶことができるので、初学者でも、経験者の方でも興味を持って学習できます。

 このコースは一見難しいように思われがちですが、初学者でも学びやすいテキストの内容になっていました。スクーリングは現役の税理士の先生が教鞭を取っていますので、テキストの内容に加えて現在の会計や税法の事例を交えて説明してくださいます。初学者だけでなく、経験者の方も興味を持って学ぶことができると思います。
 私は産能大で学ぶことにより、今までの実務の中で「点」だった知識が「線」となってつながり、「面」になり、仕事の幅が広がりました。同じコースの学友とも仲良くなり、話をすることで、今まで知らなかった他の仕事、会社、各個人の置かれている環境などを知ることができ、人間的にも幅ができたように感じます。
 皆さんもぜひ、産能大に入学して知識と人間的な幅を広げてみませんか。そして学位を取得し、資格にもチャレンジしていきましょう。

コースの概要

 企業会計は、経営活動の基礎を支える基盤であると言ってよいでしょう。その専門性は、経営環境が大きく変化している今日、経営状態を把握したり、事業計画を立案する上で、ますます重要視されています。
 また、会計は税務と密接にかかわっていますが、適正かつ合理的な納税も企業経営にとっては重要なテーマだと言ってよいでしょう。
 本コースでは、税理士試験の簿記論・財務諸表論について体系的に学習するとともに、税法の基本についても学習します。税理士試験をめざす方はもちろんのこと、会計一般に関する基礎的知識を身につけたい方にも効果的なカリキュラムとなっています。

資格情報 税理士

税理士は税務関係のエキスパート。資格をとれば税理士事務所を開業することもできる、社会的評価の高い資格です。受験資格は細かく規定されていますが、本学では「法学概論」を修めて卒業すれば受験資格が得られます。また日商簿記検定1級合格も受験資格になります。試験科目は簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、固定資産税など。受験できるのは5科目以内で、1年に1〜2科目ずつ数年かけてとることもできます。

問い合わせ先
国税庁
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
TEL.03-3581-4161(代)  URL http://www.nta.go.jp/

Faculty’s VOICE
兼任教員(税理士) 早川 勉

私の好きな言葉は、学生時代に読んだシェークスピアの「じゃじゃ馬ならし」の『楽しんでやらにゃ、なにごとも身につきやしません』という台詞です。学生の皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。