コースのご案内

社会保険労務士コース

試験対応のカリキュラムで社労士をめざす!

こんな方にお薦めです
  • 社会保険労務士の受験資格を取得し、資格取得をめざしたい方
  • 将来、社会保険労務士として独立開業できる力を身につけたい方
  • 社会保険や人事労務管理に関する知識を身につけたい方

学べる内容、身につく能力

 POINT1 
社会保険労務士試験に対応したカリキュラムによって、
人事労務管理・社会保険に関するスペシャリストとして活躍できる能力の習得をめざす。
 POINT2 
国家資格である社会保険労務士の受験資格を取得する。
 POINT3 
企業内でも、あるいは独立しても活かせるビジネス分野の能力も身につける。

Student’s VOICE

専業主婦
髙橋 香織 さん

社会保険労務士の受験資格が得られるうえ、
受験勉強もできるので、一石二鳥です。


高卒の資格しかなかったため、以前から大学進学を考えていました。労働法が学べる大学を探していたところ、産能短大にたどり着きました。法学部に進学するほど法律について勉強したいわけでもない私にとって、社会保険労務士コースとの出会いは理想的なものでした。短大を卒業することで社会保険労務士の受験資格が得られるうえ、受験に必要な勉強もできるので一石二鳥です。
激動の時代、法律の知識がますます必要になってきます。労働法の科目に限らず、法律系の知識がないと知らないうちにトラブルに巻き込まれることさえあります。
また、知らないために損をすることもあります。教養科目も社会人として今後を生きるうえで必要なツール。産能短大での学びは人生を彩るカラフルな引出しです。必ず何かに活かせると思います。

コースの概要

終身雇用を前提とする働き方や右肩上がりの経済成長が難しくなってきたことに加えて、高齢化が急速に進展するなど、わが国の労働環境は大きく変化し、年金等の社会保障制度についても見直しの議論が行われています。このような時代の中で、労働条件や労働衛生等に関する指導・相談を通じた働きがいのある職場づくりのエキスパートとして、また国民の関心が集まっている年金等の社会保険・労働保険の専門家として、社会保険労務士の役割は今後ますます重要になってくるものと思われます。 本コースでは、社会保険労務士試験の受験資格が取得できることと、試験科目を授業科目として学習できることから、社会保険労務士をめざす一つのルートとして人気を集めています。

社会保険労務士コースの科目構成
1年次
区分 科目名 SC 単位
教養科目 産業能率大学とマネジメント                            1
社会学概論 2
心理学 4
法学入門 2
コミュニケーション論 2
環境論入門 2
ビジネス基礎力
強化科目
考える力をつける 2
問題発見・解決力を伸ばす 2
情報分析力を鍛える 2
伝える力を伸ばす 2
マーケティングの基本 2
社会保険労務士
コース
専門科目
社労士の基本を学ぶ 2
労働基準法 2
労働安全衛生法 2
厚生年金保険法 2
労働者災害補償保険法 2
雇用保険法 2
健康保険法 2
国民年金法 2
39単位分配本
2年次
区分 科目名 SC 単位
教養科目 現代企業にみる日本経済                                2
政治学入門 2
大人の音楽史入門 2
世界の歴史 2
ビジネス基礎力
強化科目
人を動かす 2
時間活用術 2
説得・交渉力を高める 2
組織のマネジメント 4
新しい人事労務管理 2
仕事をマネジメントする 2
社会保険労務士
コース
専門科目
労働保険徴収法 2
労働管理その他の
労働に関する一般常識
2
社会保険に関する一般常識   2
28単位分配本



合計67単位分配本
卒業に必要な単位数 62 単位
SC欄  ○:通学形式のスクーリング ◆:iNetスクーリング ★:特設スクーリング

クローズアップ科目 : 社労士受験対策講座(2単位)
本コースにおける10科目の社労士関連科目の学習を修了した学生を対象に、卒業後の資格試験の合格に向けた受験対策授業です。2日間のスクーリングにより過去問題を使った演習を行い、専門知識の定着と本試験合格に向けて必要な受験対策を体得することを目的とします(別途、追加履修費用と受講料が必要)。

資格情報 社会保険労務士
社会保険労務士は、人事労務管理・社会保険のスペシャリストとして人気が高まっています。資格取得後は専門家として企業での評価も高く、独立開業も可能です。受験資格は、大学において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終えた者、または短期大学・高等専門学校の卒業者等であり(その他は略)、試験科目は労働基準法および労働安全衛生法、雇用保険法、国民年金法など8科目です。

(社会保険労務士試験の詳細はコチラ)
全国社会保険労務士会連合会 試験センター
URL http://www.sharosi-siken.or.jp/

Pick Up 科目紹介

社労士の基本を学ぶ
本科目は、社会保険労務士コースの学習を進めるにあたって、最初に取り組むとよい科目です。国家試験の内容、学習の方法、法律の基礎知識を学習し、各試験科目の概要を理解していきます。試験について横断的に整理するとともに、重要箇所についても理解します。

新しい人事労務管理
終身雇用制度の終焉や能力主義の導入などにより、人事労務管理をめぐる環境は大きく変化しています。そのような中で、企業が求める人材確保、育成、人材が意欲的に仕事に取り組める環境を整備する人事労務管理の機能や役割を理解します。

Faculty’s VOICE
兼任教員(社会保険労務士・税理士)  北川 和善

学ぶことは楽しい。そう感じていただける講義を心がけています。スクーリングでは「むずかしい」ことをやさしく、「やさしい」ことを深くお伝えできればと思います。少しでも興味のある科目があれば、積極的に参加してみることをおすすめします。きっと、新しい世界が開けてくると思いますよ。仕事と学習の両立に不安を感じる方も多いと思いますが、仕事は忙しければ忙しい方がいい。時間がない方が勉強に集中できると思います。思い立ったら迷わず、新しい一歩を踏み出してみてください。