学習計画の考え方

学習計画とは

学習計画には大きく2つの意味があります。

  • 履修登録した(配本された)授業科目をどのような順序で学習していくか?
  • いつ(When)どこで(Where)、科目修得試験やスクーリングを受験受講するか?

通信教育においては、単位修得計画は自分自身が作成し、自己管理していきます。
まずは半年間に5科目(16単位)程度修得する学習計画を作成しましょう。

学習計画には「これしかない」といったモデルはありません。自分の生活に合わせて、無理のない学習計画を立ててください。

授業科目の学習順序(詳細は「学習のしおり」で確認)

コース毎の授業科目の学習順序については、

  • 関連する科目は基礎的な科目から順に学習する方が効果的
  • 「学習のしおり」の「各コースのカリキュラムと学習の進め方」を参考にする

以上の情報と科目修得試験およびスクーリングの実施日程を参考にして、学習する科目の順番を考えましょう。

<例> 『△△(T)』 『△△(U)』 という授業科目は「T」 → 「U」 の順に
『○○の考え方』 『○○戦略』は「考え方」 → 「戦略」 の順に学習すると良いでしょう。

通信授業の学習計画(=科目修得試験の受験計画)

「通信授業による学習計画」とは、言い換えると「科目修得試験の受験計画」のことです。
以下の点に注意しながら、受験計画を作成してください。

1.学習する授業科目の試験日程を調べる
「開設科目・授業方法一覧」の学習方法の「通信授業」欄で確認
2.学習する科目の順番を考えながら、どの試験期で受験するか
「開設科目・授業方法一覧」の「科目修得試験予定表」で確認
3.試験日に対応した「リポート提出締切日」(消印有効)はいつか
「開設科目・授業方法一覧」の「科目修得試験予定表」で確認
4.リポート提出締切日の1か月前ぐらいが学習開始の目安
5.他の学習との兼ね合いで調整 → 2へ戻る

面接授業の学習計画(=スクーリングの受講計画)

スクーリングの受講については、「スクーリングの受講について」でもご説明しましたが、以下の点に留意しながら、受講計画を作成してください。

1.学習する授業科目はスクーリングを実施しているか
「スクーリング予定表」で確認

2.受講する日程(2日または3日間)に、仕事や行事などの予定はないか
3.受講日の1か月前ぐらいが学習開始の目安
4.他の学習との兼ね合いで調整 → 2へ戻る

●ポイント

  • 1単位科目と2単位科目はスクーリングのみで単位修得できるので、4単位科目の日程と重複している場合は、1単位科目または2単位科目を優先する。
  • 修業年限で卒業に必要なスクーリング単位数を充足するには、半年間で2科目程度受講する必要があるので、これを目標とする。
「スクーリング開講日程」は最新号の情報誌で確認