在学生の方

先輩からのアドバイス

「忙しくて学習時間がとれない」と不安に思っている方へ、あなたと同じような立場の先輩たちはどのように工夫しているのか、うかがってみました。

学習時間の作り方

Tさん:週に2~3回、会社帰りにカフェやファーストフード店で2時間くらい集中して勉強しています。

Oさん:いつもテキストを持ち歩き、電車の中や仕事の休み時間など、細切れの時間も有効に使って、できるだけ読むようにしています。

Nさん:平日は忙しいので、土日に図書館等を利用して学習しています。

Kさん:まず1日10分でもいいから、テキストを読むことから始めました。当初は数ページ読むと疲れてしまいましたが、次第に慣れてきて1時間位は続けられるようになりました。

科目修得試験の取り組み方

Nさん:高校を卒業して10年以上経っていましたので、試験に合格できるか不安でしたが、1度チャレンジして合格すると自信がつきました。忙しくて受験できない月もありましたが、目標としていた2年間で無事卒業できました。

Tさん:試験前は、リポートの出題箇所や、スクーリングで先生から重要だと教えていただいた箇所について、テキストを重点的に見直すと良いですよ。

Nさん:私は毎回の試験問題集をとっておき、受験する科目の出題傾向をつかみました。受験する科目については、テキスト巻末のキーワードから復習するのが効率的だと思います。

スクーリングを受講してみて

Bさん:出席するまではとても不安でした。でも、実際に受講してみると授業の内容は実務的で、グループワークもあり、学習する仲間が出来たことがとても良かったと思います。

Sさん:実務経験のある先生方が多いので、授業ではテキストには書いていない発展的な事柄や情報をたくさん聴くことができました。また、職業や年齢、居住地も異なる学生が一堂に介するので、休憩時間の会話も大変刺激になりました。

学習計画や学習の進め方

Yさん:テキストと一緒に届いた「学習のしおり」を参照して、表計算ソフトで、学習する順番や方法などを科目ごとに整理した「学習記録表」を作成しました。自分の単位修得状況を常にチェックすることができるので、学習の励みになります。

Kさん:募集期間の終了間際に入学しましたが、「学習のしおり」に書いてある学習順序や科目修得試験のリポート締切日等を参考に学習する科目を決めて、早め早めにテキスト学習とリポート提出に取り組みました。その結果、半年後に目標としていた14単位を修得できました。