自由が丘産能短期大学 通信教育課程

社会保険労務士コース

入学生募集資料請求はこちら(無料)

 

社労士資格取得への出発点となるコース!

短大卒業のための学習と受験のための学習が同時に可能

社会保険労務士試験の試験科目が短大の授業科目として開設されていますので、短大卒業のための学習と社会保険労務士試験に向けての学習を同時に進めることができます。

短大卒業で社会保険労務士試験の受験資格を取得

本学を卒業することによって社会保険労務士試験の受験資格を取得することができます。さらに、社会保険労務士として活躍するために必要なマネジメントの知識についても学習します。

>>受験資格をお持ちの方は総合研究所の通信講座もご検討ください。

卒業資格は通学課程と全く同じ

入学試験は実施しません。入学資格に関する書類審査のみを実施します。卒業資格は通学課程と全く同じであり、卒業要件を充たすと「短期大学士(能率)」の学位を授与します。

 


 

本気で卒業をめざすなら、
社会人が学びやすく、高い卒業率を誇る産能で!

産能の通信教育の最大の特色は多忙な社会人にとっての「学びやすさ」にあります。標準学習期間(2年間)での卒業率は57.8%(2016年3月度卒業生)であり、高い卒業率を誇っています。

科目修得試験は全国40都市で実施!

通信教育課程での学習の基本は、自宅でテキストを学習し、リポートを提出(合格)した上で科目修得試験を受けるという学習方法であり、働きながら学習を続けることができます。科目修得試験は、年6回日曜日に全国40都市で実施しますので、ご自分の都合のよい地域で受験することができます(2017年度予定)。

土・日2日間で完結するスクーリング!

卒業に必要なスクーリングは年平均4科目でOK。なお、本学では、2017年度から従来の金・土・日の3日間型から土・日の2日間型のスクーリングになり、ますます社会人が出席しやすくなりました。

さまざまな資格を本学の単位として認定!

入学前に、簿記検定、実用英語技能検定、TOEIC® Listening & Reading Test 、ビジネス能力検定などの技能審査等(各種の資格試験や検定試験)に合格されている場合には、本学の単位として認定し、卒業に必要な単位に算入します。
他の単位認定制度と合わせて、最大30単位まで認定します。

卒業生の数は90,000人を超えています!

本学通信教育課程には、年齢や性別を問わず、毎年大学・短大合わせて約3,500名の方が全国から入学されています。
また、1963年の開設以来の卒業生数は90,000名を超えており、卒業生は社会の様々な分野で活躍されています。

産業能率大学への3年次編入学でさらにステップアップ!

自由が丘産能短大通信教育課程卒業後に、産業能率大学通信教育課程に3年次編入学される方も少なくありません。産業能率大学通信教育課程は、入学者の約8割が3年次編入学生ですが、その中の約3割は自由が丘産能短大の卒業生で占められています。
自由が丘産能短大卒業生には、様々な優遇制度が用意されており、無理なく2年間で大学の卒業をめざすことができます。

年間18万円の安心の授業料システム!

初年度の学費は22万円で、その中の授業料は分納が可能です。月々の支払額が6千円からの学費ローンも利用できます。なお、本学の授業料には、配本される科目のテキスト代や科目修得試験およびスクーリング等に関する基本的な学習費用が全て含まれており、試験やスクーリングのたびに費用が発生することはありません。
※演習料や一部科目の教材費など別途費用が必要な場合があります。

1年間の授業料180,000円