TOP > 3つの方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位授与の方針は、本学が育成する人材の実現のための到達目標として設定する学習・教育目標に達し、卒業までに身につけなければならない学習成果を獲得し、卒業要件を満たしたものに短期大学士(能率)の学位を授与することである。

学習・教育目標

能力開発に焦点をおいて設定する学習・教育目標に掲げる諸能力は、建学の精神にもとづく本学の目指す教育目標と、学生や社会の教育に対する要請の両面から導き出されたものである。また、この学習・教育目標は、短期大学士の学位水準として必要な学習成果の達成水準を示すものである。

1.大学の学びのための基礎能力

大学で学習する上で必要な、「聴く」「読む」「書く」「伝える」等の学習基礎力を身につける。また、自らの学びの目標達成までのプロセスを構築し、能動的な学習態度で、課題を明確にして探求する基礎力と課題解決に向けたプロセスを構築する計画力を習得する。そして、これらの能力が本学における学びにとどまらず、実社会における基礎力となることを理解し、継続的に高める力を身につける。

2.社会・仕事の基本技能

社会的マナー・表現スキル・数量的スキル・情報リテラシー・多様な人とかかわる対人能力を習得する。そして、実践の場で基本的スキルのレベルアップの必要性をとらえた際、自ら訓練して伸ばす方法を身につける。

3.ビジネス実務能力

専門的実務分野の知識・スキルを習得し、ビジネス実務のマインドを醸成する。そして、課題を解決する学習活動を通じて、身についた知識・スキル・マインドを総合的に活用できる実務実践力を身につける。

4.現代社会を生きる力

社会や地域の一員として、責任感と自主性を持って行動することができる。また、多様な視点をもって現代社会を見ることができ、人とのかかわりの中で倫理観や思いやりをもって対応することができる。そして、自分自身の能力開発の方向性を理解して、生涯にわたって学びを継続させる就業(キャリア)のあり方を自ら考える基礎力を醸成する。

入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー)

学ぶ意欲のある、幅広い年齢層、様々な職業の方に、大学での学びの環境を提供することを前提とし、次のような人材を受け入れる。
・人の意見を聴き、自分の考えをわかりやすく表現する人
・主体的にテーマに対してさまざまな視点から考え、取り組む課題を明らかにしたい人
・学問に真摯に取り組み、学んだ知識と技能を実践の場に活用する意欲のある人
・生活と仕事のバランスを考えた学習計画を立てられる人
・社会や大学のルールを守り、一緒に学ぶ学友等、他の人への気配りをもって行動できる人

通信教育課程の教育課程編成・
実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

通信教育課程では、学位授与の方針に定める目標を達成するために、次のような方針に沿って教育課程を編成して実施する。

1.学位授与方針(学習・教育目標)を達成するために、「大学の学びのための基礎能力」「社会・仕事の基本技能」「ビジネス実務能力」「現代社会を生きる力」の4つの能力開発を基軸とする、体系的・順次性のある教育課程(カリキュラム)を編成する(*)。

2.学位授与方針(学習・教育目標)と関連づけながら、授業科目区分、授業科目、授業方法・形態、授業科目の学習目標および学修内容を定める。

3.学位授与方針(学習・教育目標)を達成できるよう、卒業に必要な単位について授業科目区分ごとに必修、選択を適切に定める。

4.シラバスを通じて、各授業科目の学習目標、学修内容、学位授与方針(学習・教育目標)との関連(評価の観点)、成績評価の方法、予習・復習の内容などを周知する。また、授業方法ごとの授業評価を通じて点検・評価を行い、教育内容・方法の改善に努める。

5.単位制度を実質化し、学位授与方針(学習・教育目標)を達成できるよう、予習・復習の情報提供や、面接授業においては事前課題を課すなどの制度的対応をとる。

6.授業科目ごとに定められた成績評価の方法に基づき、厳格な成績評価が行われているかどうかを点検・評価を行うとともに、FD活動を通じて教員間の共通理解を形成する。

(*)≪4つの能力開発を基軸とする教育課程編成(教育プログラム及び具体的な学習目標)≫
(【具体的な学習目標】は、2年間で身につけなければならない学習成果の水準をあらわす目標)

(1) 「大学の学びのための基礎能力」

教養教育プログラムの「学習の基礎」で学習し、基本的な学習方法、思考法・技能の諸能力を習得する。本学の実践学習で能力開発するための基礎能力となる。各コースの特性に応じて次の①~⑥の科目を1年次に配当する。

①「大学での学び方」(2単位) ②「日本漢字能力検定Ⅰ」(2単位)③「創造性の開発」(4単位)④「小論文の書き方入門」(2単位)⑤「産業能率大学とマネジメント」(1単位)⑥「経営学の基本を学ぶ」(1単位)

【具体的な学習目標】

能力(短縮形) 能力(正式名称) 具体的な達成レベル
学習基礎力 生涯にわたる学習活動に取り組む基礎能力

①「聴く」「読む」「書く」「調べる」「整理する」「まとめる」「表現する」「伝える」「考える」の9つの力を身につけ、本学における学習をすすめることができる。
②能率の考え方を理解して、本学の学習・教育目標をもとに、自分の学びの目標達成までのプロセスを構築することができる。

(2) 「社会・仕事の基本技能」

大学の学びのための基礎能力をもとに、教養教育プログラムと専門教育プログラムを通じて、さまざまな職場に必要な社会人としての基本能力を育成する。

(2)-1 社会人としてビジネスの現場で求められる次の①~④の基本的な能力開発を行う科目を、必修科目(専門教育科目)として全コースに配当する。

①自分の考えを、分りやすく人に伝えることができる能力
 「演出・表現力を磨く」(2単位)
②情報や知識を複眼的、論理的に分析し、表現できる能力
 「考える力をつける」(2単位)
③問題を発見し解決できる能力
 「問題発見・解決力を伸ばす」(2単位)
④必要な情報を収集・分析し、活用できる能力
 「情報解釈力を鍛える」(2単位)

(2)-2 専門教育プログラムより、「ビジネス対話の技術」(2単位)と「コミュニケーション」(2単位)をコース特性に応じて配当する。

(2)-3  教養教育プログラムより、次の①~⑧の科目をコース特性に応じて配当する。

①「仕事をマネジメントする」(2単位) 
②「女性のキャリアを考える」(2単位)
③「サービスマインドの基本」(2単位)
④「ビジネスパースンの基本知識」(2単位)
⑤「ビジネス文書の基礎」(2単位)
⑥「PCビジネス文書」(2単位)
⑦「基礎英語(Ⅰ)」(2単位)
⑧「基礎英語(Ⅱ)」(2単位)   

【具体的な学習目標】

能力(短縮形) 能力(正式名称) 具体的な達成レベル
①演出・表現力 自分の考えを、分りやすく人に伝えることができる力 ビジネスや生活の場で必要な文章を読み手に分りやすく表現することができる。また、人前に立ち、与えられた時間を十分に活用して自分の考えを聞き手にわかりやすく表現することができる。
②論理力 情報や知識を複眼的、論理的に分析し、表現できる能力 論理的思考法(演繹法・帰納法)を理解して、実際の事象や問題を論理的にとらえ説明することができる。
③問題発見・解決力 問題を発見し、解決することができる力 問題発見の重要性、発見ツールを理解して、ビジネス等の実践の場面で問題の解決方法を活用することができる。
④情報解釈力 必要な情報を収集・分析し、活用できる能力 質の高い情報を得るために必要な情報源を検索して確保する方法について学習し、ビジネス等の実践の場面で活用することができる。
⑤マナー実践力 社会生活に必要なマナーを実践する力 ビジネスパースンにとって必要な、社会常識、ビジネスマナー、サービスマインドを身につけて実践することができる。
⑥キャリア開発力 就業への問題意識をもって、自らのキャリアを考える力 自らの働く場における実務実践を基にして、キャリアを考え、自分自身の能力開発の方向性を理解できる。

(3) 「ビジネス実務能力」

専門教育プログラムで習得する能力。ビジネス実務の基礎を身につけ、各コースがめざす学習成果を達成するための専門的な知識、スキル、マインドを身につける。マネジメント分野の科目として「現代の経営学」(4単位)を必修科目に設定し、すべてのコースに配当する。
各コースがめざす学習成果は、以下のとおりである。

コース名 各コースがめざす学習成果
①経営管理 (1)マネジメントに関する幅広い知識を体系的に理解し、日常に発生するビジネス上、経営上の問題点について、マネジメントの視点で分析することができる。
(2) 仕事を効果的に進めるための幅広い知識とスキルを身につけて、ビジネスの実践の場で有効に活用することができる。
②ビジネス・コミュニケーション (1)豊富なビジネス知識とサービスマインドを持ち、クライアントから信頼を得ることができる。
(2)コミュニケーションスキル、表現力を有し、職場内やクライアントに対して、自身の意見をはっきりと伝えることができ、円滑な人間関係を構築することができる。
③ビジネスセンスアップ (1)衣・食・住・遊を通じた学びから、新しいビジネスの創造につながる行動をビジネスの現場で実践することができる。
(2)ビジネスに関する幅広い知識、サービスマインドを有し、自ら担当する業務を適切に行うことができる。
④ビジネス教養 (1)豊かな教養とビジネスの基礎知識を有し、ビジネス上のいかなる場面においても、責任感をもって行動することができる。
(2)「人文科学」「社会科学」「自然科学」分野の造詣を深め、職場内やクライアントから信頼を得ることができる。
⑤福祉と心理 (1)福祉全般に関する諸問題を理解し、福祉や医療の現場で問題解決に向けた提案ができる。
(2)心理学諸分野の知識を有し、福祉や医療の現場においてクライアントとの円滑なコミュニケーションを行うことができる。
⑥税理士基礎 (1)経理部門あるいは資産運用関連ビジネスの営業部門で、中核的な人材として行動することができる。
(2)法人税をはじめとする国税4法の基礎的な知識を習得するとともに日商簿記検定2級レベルの簿記・会計について、体系的に理解しビジネスの現場で活かすことができる。
⑦社会保険労務士 (1)人事労務・労働保険・社会保険に関する法律知識を有しており、指導的な立場で幅広く仕事に活かすことができる。
(2)法律系コンサルタントとして顧客から深く信頼されるためのサービスマインドやコミュニケーション能力を有し、円滑な人間関係を築くことができる。
⑧国際コミュニケーシ ョン (1)日本と世界に関する幅広い知識と教養を有して、様々な地域、文化を有する人々と円滑な人間関係を構築することができる。
(2)マネジメントやビジネスの知識とコミュニケーションスキルを有して、グローバルなビジネスの現場において活躍することができる。
⑨現代教養 (1)現代社会を生き抜くために必要な知識、働き方の心得、人間関係の基本について理解できる。
(2)マネジメントに関する知識と幅広い教養を身につけ、それらをビジネスの現場で活用し実践することができる。
⑩心理学基礎 (1)心理学の基礎知識とスキルを身につけ、さらにコミュニケーションスキルを磨くことにより、自分を正しく表現して効果的なコミュニケーションを行うことができる。
(2)マネジメントやビジネスの知識を身につけると同時に、心理学の知識とスキルをビジネスの場面で活用できる。

【具体的な学習目標】

能力(短縮形) 能力(正式名称) 具体的な達成レベル
①マネジメント基礎知識 マネジメントの基礎知識 あらゆるものの持ち前を生かし切るためのマネジメントの基礎知識を理解できること。
②専門的知識・スキル・実践力 専門的知識・スキル・実践力 各コースが目標とする専門知識とスキルを修得し、それらを実践の場で活用することができる。

(4) 「現代社会を生きる力」

人とのかかわりの中で倫理観や思いやりをもって対応できる力、実社会への関心を高める力、自ら問いを発して、主体性をもって視野を広げるためのものの見方や自己のあり方を培う力である。これらの教育は、教養教育プログラムの次の26科目により行い、各コースの特性に応じて科目を配当する。

「カラーコーディネーション」「ガストロノミ(ワインと食文化)」「アロマセラピー入門」「現代ファッションを考える」「手話入門」「法学概論」「心理学」「哲学入門」「政治学入門」「経済学」「環境論入門」「自然科学概論」「社会学概論」「仕事の社会学」「日本の文学とことば」「日本の歴史Ⅰ」「日本の歴史Ⅱ」「世界の歴史」「健康とスポーツ」「体育実技」「異文化コミュニケーション」「大人の音楽史入門」「地理で世界をみわたす」「はじめて学ぶ文化人類学」「D.カーネギーの人を動かす」「論語に学ぶ人徳力」

【具体的な学習目標】

能力(短縮形) 能力(正式名称) 具体的な達成レベル
現代社会を見る力 多様な視点を持って現代社会を見る力 ①自らの経験を超えて、様々な人の立場を理解し、複数の視点から社会の問題を考えることができる。
②人とのかかわりの中で、倫理観や思いやりをもって対応でき、自らの視野を広げるための見方、および自己のあり方を培うことができる。

このページのトップへ