調査報告書

Jリーグでプレーして欲しい外国人選手調査

産業能率大学スポーツマネジメント研究所では、Jリーグサポーター1000人を対象に、ブラジルワールドカップ出場国の代表選手の中から、“Jリーグでプレーして欲しい選手”についての調査を実施しました。代表的な選手を99人リストアップし、「その他」を加えた100人の中から5名を選んでもらいました。(回答数合計5000件)

調査は、7月17日にインターネット調査会社を通じて実施しました。

結果概要

Jリーグでこの選手が見たい!

第1位 ネイマール〔ブラジル代表〕530票(247票/283票)
第2位 リオネル・メッシ〔アルゼンチン代表〕485票(242票/243票)
第3位 ハメス・ロドリゲス〔コロンビア代表〕325票(174票/151票)
第4位 クリスティアーノ・ロナウド〔ポルトガル代表〕202票(107票/95票)
第5位 アリエン・ロッベン〔オランダ代表〕181票(107票/74票)
第6位 マヌエル・ノイアー〔ドイツ代表〕165票(85票/80票)
第7位 トーマス・ミュラー〔ドイツ代表〕153票(75票/78票)
第8位 ミロスラフ・クローゼ〔ドイツ代表〕136票(75票/61票)
第9位 フッキ〔ブラジル代表〕111票(62票/49票)
第10位 シャビ〔スペイン代表〕100票(65票/35票)

※(カッコ内の票数は左が男性票、右が女性票)

調査報告書の全文をPDFファイルで提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © SANNO Institute of Management All rights reserved.