自分の新たな一面を発見!グローバル・インターンシップ

自分の新たな一面を発見!グローバル・インターンシップ

出発はいつも不安

高校時代に英語コースに属しており、基礎はできていると思っていました。大学での目標は、英語力をビジネスでも使えるようにレベルアップさせることです。目標を達成するためにまず参加したのが、カナダへの1年次の海外短期語学研修です。そして、2年次の夏に、実践力を身につけるために1ヶ月のグローバル・インターンシップにチャレンジしました。

この二つのチャレンジは、自分の思考特性に気づく機会になりました。まず、渡航直前になるといつも憂鬱になることです。自分で選んだにもかかわらず、飛行機に乗る直前まで「なぜ、行くことに決めたのだろう!」と自分の決断を後悔するのです。しかし、いざ飛行機に乗ってしまうと渡航先でホームシックにかかることもなく、楽しめてしまうのです。

必要に迫られると踏ん張れる

カナダでの海外短期語学研修では、恵まれた環境を活かしきれず、思ったよりも英語力を向上させることができませんでした。しかし、この経験があったからこそ「グローバル・インターンシップ」に挑戦したいと思えたのです。

グローバル・インターンシップでは、最初の4日間は、現地の英語教師からほぼマンツーマンで徹底的に英語を学びました。レッスン後は、ホテルで実習するという緊張感があったからでしょうか?わずか4日間でしたが、驚くほど英会話力がアップしたと実感できました。

ホテルでの実習は、日本人のお客様とホテルの現地スタッフとの通訳が主な業務でした。お客様の意向を汲み取り、英語で伝えるというのはとても難しいものでした。とにかく必死でしたが、苦痛に感じることはありませんでした。

自ら発信することの大切さを実感

「グローバル・インターンシップ」の経験からは、多くのことを学びました。まず、伝える力が重要だということ。そして、自ら行動しなければ、環境は変わらないということ。

居心地の良い日本では、言葉にしなくても周りの人が勝手に理解してくれる、私がやらなくても誰かがやってくれるだろうと、周りの人に依存しがちでした。グローバルインターンシップでは、身の回りのことをしたり、創意工夫してコミュニケーションをとったり、私にとっては新しいチャレンジばかりでした。初めは戸惑うことも多くありましたが、次第にその環境を楽しめている自分がいました。「意外に環境適応力があるかも」海外での生活は、自分自身の新たな側面に気づけた貴重な体験でした。

関連Topics

学生発!アクティブレポート レポーター
内田 美鈴 3年
埼玉県私立星野高等学校出身