経営学部 教授

寺嶋 正尚
TERASHIMA Masanao
■学位
博士(経営学)

慶応義塾大学経済学部卒、筑波大学大学院ビジネス科学専攻科(後期博士課程)修了、博士(経営学)。富士総合研究所、流通経済研究所を経て現職。マーケティングを専門にしますが、なかでもマーケティング・リサーチ、サプライチェーン・マネジメント、ロジスティクスに注力した研究を行っています。
学生の皆さんの知的好奇心を大事にし、理論と実践の両面を重視した授業作りを心がけています。ゼミ生であるないに関わらず、何かありましたらどうぞお気軽に研究室にいらして下さい。趣味は茶道(裏千家)です(本学茶道部の顧問を務めています)。
  • 担当授業

    ■2年次ゼミⅡ、進路支援ゼミⅠ・Ⅱ・Ⅲ(2年後期~4年前期ゼミ)、マーケティング演習、データ分析によるビジネス提案
    ■流通業のマーケティング、販売士3級受験講座、物流戦略、物流の仕事のしくみ、経営管理特別演習(大学院の修士論文ゼミ)

  • 専攻・専門分野

    ■マーケティング論(なかでも流通論、ロジスティクス)

教育研究業績
■教育上の能力に関する事項

・「Marketing Essence」(産業能率大学・通信教育用テキストとして執筆)2016年2月
・「現代の経営学」(産業能率大学・通信教育用テキストとして執筆)2009年1月

■研究業績等に関する事項

【著書】
・「ケースでわかる流通業の知識」(単著)産業能率大学 2014年
・「海外市場開学のビジネス[第2版]-中国市場とアメリカ市場」(共著)白桃書房 2012年
・「事例で学ぶ物流戦略」(単著)白桃書房 2010年
・「卸売業が先進企業になる法」(共著)日刊工業新聞社 2008年
・「進化する日本の食品卸売業」(共著)日本食糧新聞社 2006年

【学術論文】
・「切り花におけるサプライチェーンの効率化に関する研究-流通容器の視点から-」(寺嶋正尚・桐生進 共著)日本物流学会誌25 日本物流学会 2017年6月(審査付論文)
・「スーパーマーケットの店頭欠品に関する研究」(寺嶋正尚・木島豊希 共著)日本物流学会誌22 日本物流学会 2014年5月(審査付論文)
・取引制度における購買機能割引に関する基本的考察-配送ロット割引を例に-(寺嶋正尚・木島豊希 共著)日本物流学会誌20 日本物流学会 2012年5月(審査付論文)
・小売業専用センターにおける在庫の是非に関する研究」(寺嶋正尚・木島豊希 共著)日本物流学会誌16 日本物流学会 2008年5月
・在庫データ及び売上予測を用いた欠品率の推定に関する研究(寺嶋正尚・椿広計 共著)日本物流学会誌14 日本物流学会 2006年5月

【その他】
・「切り花の流通容器に関する研究〜湿式流通の視点から~」日本物流学会・第34回全国大会 2017年9月
・「花卉卸売業の視点からみたサプライチェーンの効率化に関する基本的考察」日本卸売学会・第2回全国大会 2016年9月
・「切り花におけるサプライチェーンの効率化に関する研究~トラックの積み降ろし作業の視点から」日本物流学会・第33回全国大会 2016年9月
・「産業能率大学におけるアクティブラーニング型授業に関する基本的考察-自由が丘スイーツフォレストとのコラボレーション授業」産業能率大学紀要36(1) 産業能率大学 2015年9月(研究ノート)
・「小売業の視点から見たサプライチェーン効率化の阻害要因に関する研究」日本物流学会・第29回全国大会 2012年9月