2020年度 湘南キャンパス防災訓練を実施しました

2020年10月6日(火)湘南キャンパスにおいて防災訓練を実施しました。
今回の防災訓練は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンライン授業を中心に行われていることから、学生が参加するかたちでの訓練が難しい状況でした。そのため大地震発生時の自衛消防隊(職員)の初動に重点をおいた訓練を実施しました。
授業中に大地震が発生し、神奈川県でも震度5強を記録して、地震の影響で電話がつながりにくい状況で停電地域が周辺地域にまで拡大しているという想定で行われました。自衛消防(防災)隊の本部を立上げた後、情報収集、教室をはじめキャンパス内にいる学生の人数確認、エレベーターの閉じ込め確認、建物・設備の被害状況の確認等の訓練を実施しました。震災に備え、参加者全員が真剣に訓練に取組み、防災意識を高める良い機会となりました。
なお、学生には防災訓練の一環として、スマートフォン等で「大地震対応マニュアル」のダウンロード方法と安否確認メールの送信方法を周知し、教員には大地震が発生した場合の教室での初動対応について周知しました。
産業能率大学では、災害時の安全確保のため、防災への定期的な取組みを今後も継続して行っていきます。              


事務室内初動訓練
本部での情報収集活動
本部での状況把握活動