このエントリーをはてなブックマークに追加

学生のためのマーケティング企画アワード「第2回マスナビチャレンジ」にて協賛企業賞を受賞

2018年12月17日

田中ゼミの「ちょいエコマシーン」企画が協賛企業賞を受賞!

宣伝会議グループの株式会社マスメディアンが主催する、学生のためのマーケティング企画アワード「第2回マスナビチャレンジ」にて経営学部田中ゼミの学生が、協賛企業賞(キリンビバレッジバリューベンダー株式会社)を受賞しました。

「マスナビチャレンジ」は、企業がマーケティング課題を出題し、解決策のアイデアを競う実践的コンテストで今回で2回目の開催となりました。全国から約700を超えるエントリーの中から、12チームが本大会へノミネート。本学からは田中ゼミ(4年生)と倉田ゼミ(2年生)の有志2チームが選出されました。

「第2回マスナビチャレンジ」にて協賛企業賞を受賞

田中ゼミ「相澤チーム」のプレゼンの様子

倉田ゼミも2年生チームが大健闘!

今回、両チームがチャレンジした課題は、キリンビバレッチバリューベンダー株式会社より出された、「大学生・専門学生が思わず買ってしまう自販機のイノベーション」。大学生の実体験をもとに、「どんな自動販売機だったら買いたくなるか?」「どんなプロモーションがあれば自販機で買いたくなるか?」を考えるというものでした。

本大会当日は、課題提出企業の担当者をはじめとする審査員を前に、熱のこもったプレゼンテーションを披露しました。
実現可能性や調査分析に関してのチームの見解など、審査員からの鋭い質問にも堂々と応える姿は、日頃の学びの成果が充分に発揮されていました。

田中ゼミチームが提案した「ちょいエコマシーン」は、企業、ユーザー(学生)、社会の三者がWin-Winとなるもので、審査員からも社会問題や企業調査、分析がしっかりとなされたうえでの提案として高評価をいただきました。

また、倉田ゼミは惜しくも受賞を逃しましたが、「2年生とは思えないしっかりとした調査と堂々としたプレゼンテーションだった」と審査員からお褒めの言葉をいただきました。

「第2回マスナビチャレンジ」にて協賛企業賞を受賞

倉田ゼミ「HKTコーポレーション」のプレゼンの様子

ページの先頭へ戻る