このエントリーをはてなブックマークに追加

Global Communication Campを実施

2016年9月1日

Global Communication Campを実施しました

開催概要

講座名:
夏期特別講座「Global Communication Camp」
日 程:
2016年8月24日(水)~26日(金)
会 場:
自由が丘キャンパス 6303教室
参加者:
22名(経営学部15名、情報マネジメント学部7名)

開催報告

 今年度も学生の英語力強化に向けた取り組みの一環として、夏期特別講座「Global Communication Camp」を実施しました。本講座は、英語修得に興味を持つ学生、様々な制約で海外研修科目を履修できない学生などに対して、異文化コミュニケーションの機会を与えることを目的に実施しており、昨年度につづき2回目の実施となりました。今年度は講座日数を2日間から3日間に増やし、さらにプログラムの充実を図って実施しました。
 講座では、まず、コミュニケーションや異文化に適応するために必要な要素が何であるかを英語でディスカッションしながら学びました。その上で、日本の大学に通う留学生7名を招き、学生3名と留学生1名の4人グループで課題に取り組むPBL(Project Based Learning)などに取り組みました。
最終日には、3日間の集大成として「日本で人気の高い商品やサービスの、留学生の出身国で事業展開」を構想する課題に取り組みました。グループごとに留学生とともにSWOT分析等を用いながらプランを練り、プレゼンテーション資料を作成しました。最終日には、英語でのプレゼンテーションを行い、ユニークなアイデアや工夫を凝らした発表がされ、大いに盛り上がりました。
 終了後は「英語に対する認識が変わった」「知識、意欲ともに向上した」「3日間はあっという間だった。達成感があった」「今後の課題がみえた」などの感想が寄せられ、学生にとって英語学習と異文化交流の貴重な機会になったことが伺えました。

[写真]Global Communication Camp

ページの先頭へ戻る