このエントリーをはてなブックマークに追加

世田谷区と連携・協力に関する包括協定を締結

2016年5月20日

世田谷区と連携・協力に関する包括協定を締結

 産業能率大学と東京都世田谷区は、5月19日に「産業能率大学と世田谷区との連携・協力に関する包括協定」を締結いたしました。同日、世田谷区役所で執り行われた締結式では、和やかな雰囲気の中で本学浦野哲夫学長と保坂展人世田谷区長により協定書へのサインが行われました。

 本学は、これまで世田谷区内大学学長と区長の懇談会への参加や大学連携に関する調整連絡会への参加を通して、区が進める区内大学との連携・協力の施策に参画しています。また、災害時における協力体制に関する協定書の締結(2006年3月22日)をはじめ、区が支援する地域の絆ネットワーク支援事業のひとつ「二子玉川大山みちフェスティバル」や区が主催する「九品仏地区防災塾」、区の管轄で行われる「八幡中学校避難所運営訓練」、世田谷区立八幡中学校の校外学習等に協力し、区の事業に協力してきました。

 今回、「産業能率大学と世田谷区との連携・協力に関する包括協定」により、大学と区が行政における様々な分野において人的交流、知的・物的資源の相互活用を図り、地域社会の持続的な発展に資することを目的に、包括協定の締結に至りました。

協定締結後の浦野学長(左)と保坂区長

協定締結後の浦野学長(左)と保坂区長

ページの先頭へ戻る