このエントリーをはてなブックマークに追加

海外インターンシップ実施報告

2015年10月13日

海外インターンシップに参加してきました!

経営学部では、語学力の向上や海外で働く経験を通じて、多種多様な価値観や考え方に触れ、国際感覚を養うことを目的として、2015年度より授業科目「海外インターンシップ」を開講しています。
2015年度は夏季プログラムに経営学部の学生7名が、8月から9月にかけて約2週間から1ヶ月間にわたり、フィリピン・マレーシアでのインターンシップに参加してきました。
渡航までの事前研修として約3ヶ月間、オンラインで行う英会話レッスンや学内で行う英語研修を通じて英語力を養い、英語面接を経てプログラムに参加しました。

フィリピンのプログラムは、セブ島の「マリバゴブルーウォーターホテル」「マルコポーロホテル」でフロント部門やレストラン部門のスタッフとして実習に参加し、海外のお客様を相手に実習に励み、マレーシアのプログラムでは、クアラルンプール近郊にある「サンウェイ大学」で事務スタッフとして実習を行いました。
慣れない生活環境の中で、最初は言葉の壁や文化の違いに苦労する場面もありましたが、帰国した学生からは「日本との違いを改めて再認識することができた」「現地スタッフが非常に親切であった」「想像以上に収穫があった」などの声がありました。

また、10月2日(金)に「海外インターンシップ実施報告会」を学内で行い、現地の語学学校やインターンシップの様子、海外で学んできた成果について英語でプレゼンテーションを行いました。プログラムを通じて磨かれた英語力を他の学生や教員の前で発揮し、渡航する前よりも一段と成長した学生の姿をみることができました。

[写真]授業科目「海外インターンシップ」

ページの先頭へ戻る