このエントリーをはてなブックマークに追加

全国ビジネス系大学教育会議開催のご案内

2015年7月21日

全国ビジネス系大学教育会議開催のご案内

平成27年8月28日(金)・29日(土)に全国ビジネス系大学教育会議の第32回全国研究会議が本学にて開催されます。
ご興味、ご関心のある方は、下部PDFファイルの内容をご確認下さい。

【統一テーマ】ビジネス系大学教育の現代的役割~だれのために、どのような教育を行うのか~

ビジネス界においては、20世紀後半における科学・技術の飛霊的発展と高度化が進む中、社員の専門性が関われる時代がしばらく続いてきました。しかし、昨今ではビジネスの複雑化に伴い、社員ひとり当たりの業務領携が拡大し、専門分野の枠を超えて、幅広い視野から物事を捉えることが必要になっています。たとえば、新任の技術者にとっても製品開発においては、コスト感覚やマーケット感覚などといった商学や経営学の素養が不可欠とされます。また、専門職として企業に採用された人々にとっても、それぞれの仕事の中にマネジメントの視長をどのように導入するかといったことが必要とされます。

そこで今回の会議では、商学や経営学を社会人のベースとなる素養として捉え、ビジネス系教育の役割を考えるというテーマを掲げました。ここでいう社会人とは、実際に社会で活躍されているピジネスパーソンに加え、将来のピジネスパーソンも含みます。特に社会人として活躍されている方々で学生時代に商学や経営学を学ばずと卒業した人にとっては切実な問題ですし、商学や経営以外を専門とする他学部生にとって、大学生のうちに商学や経営学の視点もあわせて、複合的にものごとを捉えることは、自身の専門性を補完する上で役に立っと考えられます。また、大学の学部選択に悩む高校生から、商学や経営学は経済学と何が異なるのかなどといった質問も受けます。

そうした観点より、今回はビジネス系教育の役割について、ビジネス系教育に携わる我々が何を提供できるかを考えていきたいと思います。そこで、2日間の研究会議において、企業、経済団体、行政の方々から、ビジネス系大学にどのような期待や要望があるのかを論じていただくとともに、そうした期待を受け、さまざまなお立場の方からの事例発表を遥じて、これからのビジネス系大学に求められる役割や可能性について検討したいと思います。

この大会が、ピジネス系大学教育の次のステップへの手掛かりになるような場・機会になればと思います。大学関係者ばかりでなく、ビジネス系大学教育に期待を寄せる多くの企業関係者、高校関係者にもご参加いただき、将来に向かつての議論ができればと考えています。

会議日時・会場

第1日・平成27年8月28日(金) 受付時間 12時30分

第1日目統一テーマ 「ビジネス系大学教育への期待」

13時00分~13時15分 会長挨拶・開会挨拶・主催校挨拶
13時20分~16時30分 講演
16時45分~17時45分 パネルディスカッション&1日目総括
17時50分~18時10分 教育会議参加者集会
18時15分~20時15分 懇親会
11時30分~12時45分 理事会 ※役員のみ

②第2日・平成27年8月29日(土) 受付開始 9時30分

第2日目統一テーマ 「ビジネス系大学教育の新たな展開~事例と提言~」

10時~15時5分 事例発表
15時15分~16時15分 全体討議・統括
16時15分~16時20分 閉会挨拶
12時05分~12時45分 理事会 ※役員のみ

開催場所

産業能率大学
〒158-8630 東京都世田谷区等々カ6-39-15
アクセス>>

ページの先頭へ戻る