このエントリーをはてなブックマークに追加

留学体験記 4 (経営学部3年男子 S・Jさん)

留学体験記 4 (経営学部3年男子 S・Jさん)

留学体験記 4 (経営学部3年男子 S・Jさん)

名前
S・Jさん (経営学部3年男子)

留学期間
2013年2月15日~3月16日
出発時の学年:2年

留学先
Global Village Vancouver
カナダ・バンクーバー

予算(渡航費・生活費・授業料含む)
約50万円

留学の動機と準備

英語力を身に付けたいという気持ちはありましたが、絶対に留学したいという気持ちではなく、とりあえず行ってみようといった、気持ちで留学を決めました。行ってみて気づいたことは、行ってみなければ分からないことがたくさんあるということです。私は、バンクーバーに行って、今まで自分が知らなかった多くのことを学ぶことができました。もし留学を考えている方がいたら、是非行くべきだと私は思います。例え、短期だとしても、自分次第で学べることはたくさんあると思います。

いつごろ 内容
12月下旬 留学を検討し始める。留学エージェントを探す。
1月初旬 留学エージェントの方と面談(留学に関しての説明など)。
1月中旬 パスポート申請や留学の準備を少しずつ始める。
2月初旬 最終ガイダンス、ホームステイ先決定。ファミリーへのお土産購入。
2月15日 カナダへ出発。

留学先での過ごし方

平日の1日(例)

私のホストファミリーは、三人家族(father、mother、son)でした。バンクーバーは移民の街なので、様々な人種のカナダ人がいました。ちなみに私のホストファミリーは、インド系のカナダ人でした。

時間 過ごし方
7:00 起床 朝食は基本的に自分で。トーストやシリアルがメイン。
8:45~12:20 授業 レベルによって内容が異なるが、私のクラスは会話がメイン。
  昼食 ホストマザーが作ったサンドイッチ、もしくは夕食の残り。
13:20~14:10 発音の授業。
14:10~19:00 アクティビティに参加、もしくは学校の友達と外出。
19:00  帰宅。ファミリーと夕食、会話。夕食を外で済ませてくることも多々。

休日の1日(例)

休日は、学校の友人と過ごすことがほとんどでした。アイスホッケーの観戦に行ったり、サイクリングをしたり、買い物をしたり、ランチに行ったりと、色々なところに行きました。また、ホストファミリーと買い物に行くこともありました。

授業と日常生活

クラスはレベル別になっており、私のクラスはフランス人、メキシコ人2人、韓国人、ブラジル人2人、コロンビア人、スイス人、ロシア人、日本人2人(自分も含め)でした。年齢は様々で、大半が20代でしたが、30代の人も40代の人もいました。私のクラスの授業内容は、会話中心でした。授業以外は、学校の友人と買い物やカフェ、クラブに行ったりしました。色々な国の友人がいたので、メキシコ料理店や韓国料理店など色々な料理を食べることができました。

思い出エピソード
私は、バスとバンクーバー市の中心街とノースバンクーバー市の間を結ぶ定期フェリー「シーバス」を利用して登校しました。「シーバス」からの景色は最高で、日本ではなかなか体験できないことなので、本当に良い経験でした。
また、バスでは、日本とは違った一面を見かけました。バスに乗ってくるほとんどのカナダの人たちが、乗車する際に、運転手の方に“Good morning”“How’s it going”と声かけをしたり、降車する際に、“Thank you”という挨拶をしていました。本当に素晴らしい習慣だと思いました。

留学後の感想

私は留学したことで、英語の面はもちろん、文化や価値観の違いなど様々な事を学ぶことをできました。挨拶の仕方、水に対する考え方、チップの習慣、愛国心など、日本では実感することができないことも多く、とても良い経験になりました。これらの経験は実際に行かなければ、わからなかたっと思います。今回の留学をきっかけに、私は、海外との関連があり、英語を活かせるような仕事に就きたいと考えています。

オススメ語学学習法

文法重視の日本での英語学習と違い、留学先では会話重視の授業でした。そのため、クラス分けテストなどでは文法のテストもありますが、会話力が重視されるため、いくら文法ができても、スピーキングやヒアリングができないと、下のレベルのクラスからスタートになる可能性が高くなります。
留学行く前にスピーキングやヒアリングを鍛えることをお勧めします。私の場合は、スピーキングは、単語ではなく、文章で話せるように意識して勉強し、ヒアリングはリスニング教材などを2倍速で聞いて耳を英語に慣らすようにしていました。

ワンポイントアドバイス 

留学の期間が、短期であろうが、長期であろうが、何を学び、何を感じ取ってくるかは人それぞれだと思います。留学に行く人には、せっかく、お金を払って行くのだから、そのお金が無駄にならないように、多くのことを学んできてほしいと思います。また、留学先では日本人どうしで行動してしまうともったいないと思います。

ページの先頭へ戻る