学外奨学金(地方公共団体・民間団体等)

概要

都道府県市区町村などの地方公共団体や、民間企業・団体、また篤志家等が募集する奨学金制度があります。各制度によって、奨学金額はもちろんのこと、給付・貸与の別、出願資格、選考基準や採用人数などが異なります。また募集・出願の方法も大学を通すものや独自に行うものなど、さまざまです。

奨学金の種類

ここでは、近年、募集または推薦依頼があった奨学金制度の一部を紹介します(順不同)。
*この表はあくまでも参考掲載で、毎年必ず募集があるとは限らず、出願資格、時期等の変更の可能性もあります。
*推薦数が限られている場合は学内選考を行ないますが、学内選考を通過しても必ずしも採用されるとは限りません。

 
奨学金名称 設立経緯等 出願資格 貸与・給付

川崎市大学奨学金

保護者が市内に1年以上居住している家庭の学生に学資を貸与する

学力・家計状況の基準あり

貸与

交通遺児育英奨学金

父母を交通事故でなくした学生に学資を貸与する

学力・家計状況の基準あり

貸与

茨城県奨学資金

茨城県内に居住する人の子弟の学生に学資を貸与する

学力・家計状況の基準あり
日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていないこと

貸与

 

出願について

大学を通して募集・出願するもの

 大学に案内のあったものは、順次Ca-In等でお知らせしますので、掲示内容を確認してください。

【学内選考のある場合の採用までの流れ】

独自に募集・出願するもの

 大学を通さずに募集・採用される奨学金制度については、情報収集から出願手続きまでのすべてを各自で行います。
 奨学金制度の有無や募集の詳細については、出身地の教育委員会や社会福祉事務所などに問い合わせてください。

推薦書・人物調査書等の発行について

 個人で出願する場合でも、大学で発行される推薦書調査書などが求められることがありますので、必要に応じて奨学金担当窓口に相談してください。ただし、作成に時間がかかるものもありますので、日数に余裕をもって申出てください。

学資の貸付について

学資を支えるために、奨学金の他、金融機関などの学資貸付制度を利用する方法もあります。貸付制度は、奨学金とは違い、ご父母(保護者)が手続きし、返済するものです。以下に、公共的な貸付制度をご紹介します。

日本政策金融公庫教育一般貸付(国の教育ローン)

融資対象 大学、短大、高校、専修学校、各種学校等へ入学・在学する学生・生徒の保護者で、世帯の年間収入が公庫の定める金額以内の方
融資限度額 学生・生徒1人につき350万円以内
返済期間 15年以内(交通遺児家庭、母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)
据置期間 在学期間以内(返済期間に含まれ、在学中は利息のみの返済が可能)
資金使途 入学時、在学中に必要な学生生活費全般
融資利率 年1.81% (固定金利・保証料別)
※母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は年1.41%
(2016年11月10日現在)
問い合せ先 教育ローンコールセンターナビダイヤル 0570-008656
受付時間 月~金9:00~21:00、土9:00~17:00
インターネット/日本政策金融公庫HP http://www.jfc.go.jp/

個人情報の保護について:本学は、奨学金に関連して提出される書類につきまして、重要な個人情報として十分留意して取り扱います。また、その情報は奨学金以外の目的では利用はいたしません。

ページの先頭へ戻る