1.情報処理内定

“仕事をする”ということはどういうことなのかを考えることが大切です。生活のため、生きがい、いろいろあると思いますが、自分にうそをつかず、しっかりと受け止めること。それを修正しながら、自分の要求を現実にしてくれるような職業や企業を資料などからピックアップしてみます。そして会社訪問をします。
就職、就職と周りから騒がれ、その中で自分のペースを見うしなってしまうことが一番危険です。いつものスペースで活動することで自分に合うか合わないかがわかります。なにより、活動しながら自分の考え方を修正したり、より深めたりすることが大切で、そうすることで自然と活動も波にのってきます。
就職ということと毎日の生活、あるいはこれからの生活を切り離しては必ず失敗します。そこを常に考え、自分に問いかけること。しかし、結果のためにはある程度面接で気を配ることも必要です。

2.情報処理内定

とにかくあきらめないことが一番!努力すれば絶対に自分に合う会社が見つかると思います。私は結構早い時機から資料請求などしましたが、それだけで就職活動をしている気になって、あまり勉強をしませんでした。自己分析や学科試験など具体的に取り組むことで、もう少し早く内定がとれたのではないかと思います。

3.情報処理内定

就職活動は不安との闘いです。しかし、たくさん受ければ合格するというものでもないし、早く決定したほうが満足度が高いというものでもありません。一社一社、大切に活動してください。過剰なほどの自信をもってチャレンジするのが成功のコツ!

4.情報処理内定

就職活動は早めに始め、多くの情報を収集しましょう。資料請求を始めるのと同時に、自己分析にとりかかると良いと思います。
また、模擬面接などは、キャリアセンターを上手に活用したらいいと思います。模擬面接と履歴書の添削はキャリアセンターで受けておくことを薦めます。私は甘い考えをしていたことに気が附いて、これをきっかけに真剣に行動しました。

5.情報処理内定

周囲に内定をもらう人が出てきたり、夏が過ぎる時期になると、多少焦ってきて、業界・職種を広げてしまいがちですが、なるべく自分が決めたものを貫くほうが良いと思います。
適性や一般常識は、何社か重複するところがあると思うので、不安を感じた時は、もう一度原点に立ちかえって、次回は回答できるようにする、という積み重ねが肝心だと思います。

6.情報処理内定

群馬へのUターン就職を希望していましたが、地方は企業が少ないうえに、採用枠もほとんどなく苦戦しました。毎日、就職活動をしていると、人事の方の顔色をうかがい、自分としては精一杯頑張ったのに、結果がでない日が続き、自信を喪失した時期もありましたが、そんなときは、キャリアセンターに行って話しをしたり相談したりして、元気を取り戻しました。

7.情報処理内定

女子の2浪ということで長期戦を予想しましたが、やりたいことを明確にし、努力していることをアピールできればそう難しくないと思います。エントリーシートの時点で受け入れ体勢の企業が絞られるので、早目の資料請求、早目の内定で自信をつけるとよいかと思います。

8.情報処理内定

一番大切なことは自分が何をやりたいのか、だと思います。だからといって、そう簡単にやりたいことがみつかるわけでもありません。今まで自分がやってきたこと、自分の性格などをみつめ直して、できるだけ多くの会社を実際に見ていくと良いのではないかと思います。そうすれば、いつかきっと自分のやりたいことがみつかるはずです。これをするにはかなりの時間がかかると思うので、早い時期から活動することをおすすめします。
逆にやりたいことがあって、そのことばかり調べて他のことに無関心であることも考えものです。初めのうちは、幅広く業種や職種を見ていくほうが良いと思います。とにかく、あせらずに締めずに最後まで自分の納得のいく1社を探し出してください。

9.情報処理内定

面接では必ず「志望動機」と「卒業研究」について尋ねられました。勉強やクラブ活動など、著しい成果をあげることが問題ではなく、「それを何のためにやってきたか」、「志望業界・志望職種にどう結び付けられるか」をキチンと伝えられることが重要だと思います。

10.情報処理内定

自分を素直に出すことが大切だと思います。変に背伸びすると後で困るので。ある会社の面接で自分の考えの甘さを指摘され泣きそうになりましたが、それが再度自分を見つめ直す結果となったので常にプラス指向で。
又泣きそうになったりムカッときても顔に出さないことは重要なポイントです。にこにこしている方が良い気がします。
ある会社で「自分の希望する職種は何で、どんなことをするのか?」と聞かれたとき、SEについて答えましたが、「それはうちでは営業がやること。うちのことちゃんとわかってないね。」と言われました。だから、その会社ではどんな仕事をするのかおさえておいた方が良いと思います。

1.流通内定

就職難と言われてますが、内定をもらう人は1人でいくつももらっています。はやい時期から行動に移すことが1番です。見つけたらそこに自分をアピールして、(私は個人面接で特技のものをそこの会社の何らかに関係させて自己PR しました。また、書類はすぐ出しました。)言いたいこと、伝えたいことをいろいろな方法で表現します。実際、辛い時期もありますが、それを乗り越えれば必ず良い結果が出ると思うのでがんばってください。

2.流通内定

どこの企業でもそうですが、身だしなみと礼儀正さは大切。面接で聞かれたことは必ずノートに書き留めて、もう一度自分で言い直してみると良いと思います。

3.流通内定

面接では受験する会社の株価、経常利益、売上高、社長のうちの一つについて説明を求められました。そのあたりは、基本事項としてチェックしておいたほうが良いのでは?
また、どうしてその会社なのか、他社ではできないことは何かということも常に意識しておきたいポイントです。

4.流通内定

面接はとてもフレンドリーな雰囲気なので、自分をきっちり売り込みましょう。
私の場合、問題はグループディスカッションでした。内容は「ラーメンVSたぬきそば」と「お国自慢VSお国否判」。単純なお題だけにつっこまれると困ります。困ったときも黙ってしまうのではなく、“何か”言う方が良いと思います。
企業のことを研究するよりも、自分自身のことを良く知っておく事が必要だと思います。自分の意見、考えを持っている人はとても重要視されます。

5.流通内定

自分自身をアピールすることに徹してください。しかし、面接官は面接のプロなので、自分の良いところばかりアピールする人に対して、たまに「欠点を言ってください。」と言われたり、又、「弊社の良くないところはどこか」と聞いてくる人もいます。そういった問いにも答えられる準備もしておくと、面接に余裕が出てきます。
又、集団面接の時は、周囲の人の話を聞く態度も見られているときがあるので、そういった態度にも気をつけると良いと思います。私の場合、笑顔をたやさず、ハキハキと明確に答え、なるべく暗記したことが見え見えにならないように、常に心がけていました。

1.金融内定

地方銀行は倍率が高いだけに、筆記試験の水準もかなり高いのでは?面接では「就職の意思確認」といったような気持ちでいたのでは泣きそうな目にあいます。きちんと企業研究を!
私は銀行が社会に果たす役割について答えているとき、不安が募りだんだん声が小さくなってしまいました。最後まで自分の考えを明るくハッキリ伝えることの難しさを実感しました。面接はそれまでの蓄積が、そのまま露呈してしまうことを是非わかって欲しいと思います。

2.金融内定

緊張しているときは、どんな質問でも難しく感じてしまいがちです。私の場合、「この会社で働いている自分の姿」を面接を受ける前に必ずイメージしていました。イメージが浮かんでくる会社の面接は、不思議とスムーズに対話ができたと思います。少しは面接も楽しくなると思いますよ。

1.建設内定

就職活動を進めていくうちに、自分をよく見てもらおう、気に入られようとして、本来の自分を見失ってしまい、「本当の自分って何?」と考え込んでしまう時期が苦しかったです。自分自身のことなのに、会社が異なるたびに違う自分にならないよう、早い段階から自己分析をしてください。

1.卸売内定

活動ばかりがんばって自分を追いつめてしまわないように、気分転換をしましょう。
持ち駒0(ゼロ)になった時は、自分の気持ちが焦るかもしれませんが、あきらめると先には進めません。あきらめずに自分のペースで!人それぞれ活動の中身が違うのだから比べても意味がありません。早い・遅いの問題ではなく、自分との相性の問題です。あせらずに「自分」を大切にして活動してください。
最後に・・・就職活動は自分自身と向きあう大きなチャンスです。

2.卸売内定

「自分の思ったことに反することを上司に言われたらどのように対応するか」という質問にどうこたえたらよいか困りました。
「何か質問はありますか?」と必ず聞かれるので、質問は2、3用意した方がよいと思います。
集団面接等は他の人が話している時、きちんと話を聞いているかどうかも見ているようです。

3.卸売内定

1次面接では、3つの商品を出されて、「その中の1つを私達に実演販売してください。」と言われ、1分間その商品の特徴・長所をみつけて販売しました。
2次面接ではグループディスカッション。「フラワーオープナー(ビンのふたを開けやすくする商品)の販売戦略」。私は司会をしませんでしたが、なるべく立候補したほうが良いです。積極性が問われます。

1.通信内定

一般常識、適性検査などは中学程度の内容ですが、意外と忘れているものです。きちんと対策(勉強)を!
面接で、自分がわからないことを聞かれた時には「わかりません」とハッキリ伝え、これから一生懸命取り組むという姿勢を理解してもらうようにしました。

2.通信内定

筆記試験では自分の能力を、面接では自分の魅力を伝えられるよう意識してください。

3.通信内定

「就職をする理由」として、そのひとつに「経済的自立」と答えたら、「どのくらいの自立を目指しているのか」というように逆に質問されました。質問にはできるだけ自分の言葉で具体的に答えるよう心がけましょう。曖昧に答えても、かならず突っ込まれるだけで、印象もよくありません。

ページの先頭へ戻る