学外奨学金制度(日本学生支援機構など)について(2017年11月1日時点情報)

日本学生支援機構について

概要

種類 第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子*1)
対象 1~4年生(外国人留学生は対象外)
定期 4月定期採用時:日本学生支援機構から提示される推薦人数以内
貸与
月額
以下から、希望月額を選択
自宅通学生  : 30,000円・54,000円
自宅外通学生 : 30,000円・64,000円
以下から、希望月額を選択(貸与中の変更も可能)
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円
貸与
期間
定期採用 :4月から、4年生の3月まで。
緊急採用(*2) : 採用年度内の事由発生月から、当該年度末まで。
(休学中や留年後は貸与されません)
定期採用
応急採用(*2) 共通 : 
採用年度4月~9月の間で希望する貸与始月から、4年生の3月まで。
(休学中や留年後は貸与されません)




学力 1年生 : 高校2・3年次の成績評定平均値3.5以上、または高等学校卒業程度認定試験合格者
2~4年生 : 大学での成績(累積GPA)が学部学年の上位1/3以内
(但し成績順位は公表せず)
1年生 : 高校での成績が学年の平均水準以上、または高等学校卒業程度認定試験合格者。
2~4年生 : 大学での成績(累積GPA)が学部学年の平均水準以上。
上記または、特定分野で優れた資質能力がある、または学習意欲が高く確実に卒業できる見込みがある。
家計 父母またはそれに代わる家計支持者の一年間の収入が、機構の定める基準額以内であること、基準額は収入形態や家族人数等によって異なります。
人物 学習活動その他全般を通じて態度・行動が学生にふさわしく、将来、良識ある社会人として奨学金返還に十分責任を持てると認められること。

*1:第二種奨学金の利子について :
在学中は無利子、貸与終了後は年3%を上限とする利子がつきます。実際の利率は、申込時に選択する利率固定方式(貸与終了時に決定される)、利率見直し方式(貸与終了時概ね5年毎に見直しされる)によって異なります。

*2:緊急・応急採用について :
過去1年以内に家計支持者の死亡や失職、災害被災等による家計急変の事実があり、それが原因で至急奨学金が必要な場合は、第一種緊急採用、第二種応急採用が適用される可能性がありますので、必要が生じたら速やかに相談してください。

*その他:
経済的に非常に困難な場合には、第一種と第二種の併用貸与を希望することもできます。 新入生が第一種・第二種いずれかの貸与を受ける場合、「入学時特別増額貸与(10~50万円を一括貸与・有利子・利率は機構が決定)」も申し込めます。これは家庭の収入が一定額以下か、または日本政策金融公庫の教育ローンを申し込んだが貸与を受けられなかった家庭の学生が、採用の対象となります。

申込方法

1.下記に該当する学生は、4月中に実施する説明会に出席し、必要書類を提出してください。

対象 必要書類 備考
①本学入学以前に、日本学生支援機構の奨学生だった者 「在学届」
(『返還のてびき』巻末」に綴じ込み)
これにより、在学中の返還が猶予されます。
②高校在学中に、大学奨学生候補者になっている者
・ 「採用候補者決定通知」
(出身高校から配布)
・ 決定通知書に「入学時特別増額貸与奨学金(日本政策金融公庫の手続き必要)」の記載がある場合には、別途書類が必要になります。
決定通知提出時に窓口で交付される ID・パスワードで、インターネットを利用して進学届を提出すると正式に採用されます。
③本学編入以前に日本学生支援機構奨学生だった者で、有利子奨学金の継続を希望する者 「編入学奨学金継続願」
(<自>学生サービスセンター、<湘>湘南学生サービスセンター窓口で配布)
これにより、本学入学後も継続して貸与が受けられます。

2.上記②③以外で、日本学生支援機構の奨学金貸与を希望する学生は、4月に実施する奨学金募集説明会に学生本人が必ず出席してください。説明会の日時・場所等は、オリエンテーションガイダンス時配布資料および<自>学生サービスセンター、<湘>湘南学生サービスセンターの掲示板でお知らせいたしますので、入学後直ちに確認してください。

外部団体の奨学金・地方自治体の奨学金

本学を通じて申し込むものと、団体に直接申し込むものがあります。詳しくはそれぞれの団体にお問い合わせください。 (本学に募集がきている奨学金は、<自>学生サービスセンター、<湘>湘南学生サービスセンターの掲示板にて随時掲示しています。)

ページの先頭へ戻る