このエントリーをはてなブックマークに追加

防犯講習会実施報告(湘南キャンパス)

2018年2月19日

防犯講習会実施報告(湘南キャンパス)

防犯講習会実施報告

副学長挨拶

2018年2月14日(水)、湘南キャンパスにおいて、教職員対象の防犯講習会を開催しました。
学生が安心してキャンパス生活を過ごせるように、また、サイバー犯罪やトラブルから学生を守るために、教職員の防犯意識を高める目的で実施した防犯講習会です。

【参加者】
 61名(教員26名、大学事務部職員31名、警備員他4名)
【講習会内容】
(1)小柴副学長挨拶
(2)防犯講習
  ① 湘南キャンパスの防犯体制の現状
  ② 情報セキュリティー対策について<ビデオの視聴>
(3)新東名高速道路建設に伴う湘南キャンパス周辺の状況について

防犯講習会実施報告

防犯講習

今回の講習会では、湘南キャンンパスの防犯カメラの設置状況、警備員の巡回エリア、鍵の開錠・施錠時間等の湘南キャンパスでの警備・防犯体制について情報共有を図った後、不審者対応のポイントについて解説を行いました。参加者は、キャンパス内においての不審者への声かけの習慣化や組織的対応の重要性、常日頃からの防犯に対する心がけが大切であることを学びました。

次に、情報セキュリティー対策として、インターネットを使用した身近な犯罪やトラブルとして、ランサムウェア、フィッシング等について、公益財団法人警察協会のビデオを視聴して、理解を深めました。

防犯講習会実施報告

新東名高速道路建設工事状況説明

最後に、湘南キャンパスの教職員が一同に集まる機会を利用して、中日本高速道路株式会社 伊勢原西工事長の北村元氏をお招きし、湘南キャンパス周辺の新東名高速道路建設に関連した工事状況の説明をいただきました。さらに、講習会後には希望者が参加して、高速道路の工事現場見学会を実施しました。

ページの先頭へ戻る