このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年度夏季リーダーズキャンプを実施(湘南キャンパス)

2016年9月8日

2016年度夏季リーダーズキャンプを実施(湘南キャンパス)

 9月5日(月)、6日(火)湘南キャンパスにおいて夏季リーダーズキャンプを実施しました。
これはクラブ・同好会や学生団体等の代表者および代表候補者が、組織におけるリーダーの重要性を認識し、リーダーとして自覚を高め、課外活動の活性化を図ることを目的に、クラブ同好会連合会が主催しているものです。
当日は、情報マネジメント学部学生指導主任の松岡教授のファシリテーションによって進行し、参加者はクラブ同好会連合会を含めて2日間で延べ64人でした。
リーダーズキャンプでは、まず参加者全員が発言・発表することを目的に、4人ずつの班に分け、所属団体の問題点の発表と共有化を行いました。その後、集団とチームとの違いや、必要とされるリーダーシップなどのテーマについて班ごとに討議し、その発表を行いました。発表には松岡教授の講評と解説があり、集団におけるリーダーシップの基本的な考えを学びました。1日目の最後は班ごとに“リーダーシップ”について寸劇で発表し、各班とも工夫を凝らした演出やせりふで会場を沸かせていました。
 2日目は1日目の討議・学習を踏まえ、各団体の目標設定とその発表が行われました。各団体とも1日目のセッションの成果を活かした今までにない分析と改善案を提示していました。今後の学生団体のより良い運営に役立つことと思います。
 さらに2日目の午後には各団体から18人の代表者が集まり伊勢原消防署による「普通救命講習」を受講しました。ここではで心肺蘇生法やAEDの使い方を体験するとともに、救命処置の必要性や意義、傷病者を救急隊員に引き渡すまで措置をし続けることの重要性を学びました。
 以上のように盛りだくさんの内容でしたが、参加学生にとっては実り多く有意義な2日間になったことと思います。

2016年度夏季リーダーズキャンプ

ページの先頭へ戻る