このエントリーをはてなブックマークに追加

異文化交流in ShonanC(産能×バリ島×伊勢原)

2016年3月17日

異文化交流in ShonanC(産能×バリ島×伊勢原)

3月16日(水)、湘南キャンパスのラーニングコモンズ(メイプル)において、鬼木ゼミ有志がバリ島(インドネシア)の小学生らとの交流会を開催しました。
これは、伊勢原市で活動するNPO法人「たこ凧揚がれ」の主催企画に参画し、小学生らの訪日6日間のお世話に携わるとともに、帰国前日のプログラムに学生独自の異文化交流企画を組み込んでいただいたことによるものです。

学生たちは、この企画のために数ヶ月前からインドネシア語を学び、主催団体と定期的にミーティングをして準備を進めました。
そして交流会には、バリ島の小学生、インドネシア人留学生、その他関係者など70人をお迎えし、キャンパスを案内したり、インドネシア語で日本の四季や折り紙の折り方を紹介したり、手作りの日本食でもてなしたりしました。

小学生らは、日本語で自己紹介をしたり、学生と一緒に折り紙に挑戦するなど、生き生きと交流を楽しんでいました。

ページの先頭へ戻る