このエントリーをはてなブックマークに追加

「熱中症予防講習会」を開催

2015年7月15日

「熱中症予防講習会」を開催

7月2日(木)自由が丘キャンパスのラーニングコモンズIVYホールにて、「熱中症予防講習会」が開催され、クラブ・同好会11団体より19人の学生が参加しました。

当日は、大塚製薬株式会社東京支店より宮下大樹氏、オリジン東秀株式会社より管理栄養士の渋谷あゆみ氏のお二人を講師にお招きし、熱中症発生のメカニズムから、正しい水分補給の仕方、体調不良(睡眠不足・疲労・朝食なし・発熱・下痢)が熱中症になりやすいこと、バランスの取れた食事・朝食をきちんと食べることの大切さまでをわかりやすくお話ししていただきました。講習会の最後には、講義の中で紹介された、熱中症を予防する食事例を踏まえた食事を試食してもらいました。

参加した学生からは、
  ・「改めて熱中症というのは恐ろしいものだと思った」
  ・「水分補給とバランスのよい食事を心掛けて過ごしていきたいと思った」
  ・「体育会サークルのため、熱中症に対しての危機感を覚えた。今夏の大会や合宿に向けて、また、日々のサークル
  活動での注意を十分行い、メンバーの体調管理を徹底して行こうと思う」
 ・「熱中症予防には水分だけを補給すればいいと思っていたので聞けてよかった」
等、熱中症予防のためには、水だけでは不十分なこと、食事を含めて、日頃の体調管理の大切さを実感できたという声が多数寄せられました。

なお、今回の講習会は、産業能率大学後援会(父母会)より支援いただき、開催しました。

ページの先頭へ戻る