このエントリーをはてなブックマークに追加

「湘南ひらつかテクノフェア2014」に出展

2014年10月29日

「湘南ひらつかテクノフェア2014」に出展しました

10月23日(木)~25日(土)の3日間にわたり、ひらつかサン・ライフアリーナにて『湘南ひらつかテクノフェア2014』が開催されました。このフェアは、平塚商工会議所が主催し、企業の優秀な技術や製品と大学・専門機関の研究成果等を一堂に展示・発表することで、産学公連携による新たな地域連携の可能性を探ることを目的としています。

本学は、『アクティブラーニングを取り入れた地域振興と実践的な教育』をテーマに、産学公講演会、大学情報の公開・展示を行いました。

本学の展示内容

本学が取り組んでいるキャリア教育や産学共同プロジェクトに関する情報提供とともに、情報マネジメント学部スポーツ・マネジメントコースの活動の一環として、精密機器を用いた体力測定を実施しました。展示ブースには企業の方・一般の方と多くの来場があり、本学の取り組みについて紹介し、体力測定では、年齢に対する体力の状態、体力バランスを測定しました。体力測定を受けられた方々は、その結果に一喜一憂したり、健康状態の説明をさせていただきました。なかには、昨年の結果を持参し、その変化について笑いのこぼれる場面もありました。

湘南ひらつかテクノフェア2014 産業能率大学ブース

産学公講演会

24日11時より、特設会場に於いて情報マネジメント学部 古賀暁彦准教授による『大学と地域~地域活性化に向けて大学が果たすべき役割~』と題した講演が行われました。講演では、伊勢原・大山地域に於ける本学の協同活動の紹介や実践的教育との連携について事例紹介を行い、講演終了後は、地域の抱える問題に対する大学からのアプローチの方法や今後の活動について、多くの質問を頂きました。

湘南ひらつかテクノフェア2014 産業能率大学ブース

本学ブースへのお立ち寄り頂きましたことを深くお礼申し上げます。

ページの先頭へ戻る