経営学部2013年度 寺嶋 正尚 ゼミ

企業の経営戦略やマーケティング戦略を考える

2013年6月17日

寺嶋ゼミでは、皆さんの将来の進路を念頭におき、興味ある業界や企業について各個人が徹底的に研究・分析します。グループワークも多々行います。また毎日新聞を読み、それを記録することを義務付けており、卒業時には時事問題に強くなる学生が多いです。ビジネスコンテスト、学園祭、3~4年生合同夏合宿、2~4年生合同スポーツ大会、OB会など、様々な活動にゼミ一丸となって積極的に参加しています。

毎日新聞を読み、それを毎週発表する

寺嶋ゼミでは、企業の経営戦略やマーケティング戦略について研究しています。また毎日新聞を読み、自分の気になるトピックの概要や感想を書き、それを毎週ゼミの時間に提出します。その内容について毎週一人ずつプレゼンし、その後議論をするので、時事問題に関する力がつくほか、話す力や議論する力もつきます。勉強だけでなくイベントも多く、皆がとても仲良いのが特徴です。やる時はやる、遊ぶ時は遊ぶ、楽しむ時は楽しむ、そんなゼミだと思います。
執筆 経営学部4年 手島さん

大学生観光まちづくりコンテストに参加

3年の春から夏にかけて、ゼミ生全員で「大学生観光まちづくりコンテスト2012」に参加しました。5つのグループに分かれ、「熱海、伊豆、足柄といった地域への観光客を増やすための方策」をテーマに、地域の特性を活かした旅行プランの提案を行い、その結果、私のチームを含めた2チームがポスターセッションというプレゼンテーションが行える場に出場することができました。ゼミや大学で学んだ事を十分に発揮することが出来ました。
執筆 経営学部4年 赤澤さん

ゼミ一丸となって就活に取り組む

[写真]経営学部4年 田中さん

ゼミでは、色々な就職対策も行っています。筆記試験対策として、SPIの試験を本ゼミの一部の時間を使って行い、一定の点数に満たない学生に対してはサブゼミが開かれます。また、ゼミ生同士でディベートを行い、企業の面接を意識した「話す力」「議論する力」の訓練も行っています。工場見学は、サントリーと資生堂に行きました。また夏合宿では、OGや4年生による3年生向け就職説明会も行われました。
執筆 経営学部4年 田中さん

第1回寺嶋ゼミOBOG会を盛大に開催

[写真]経営学部3年 佐藤さん

寺嶋ゼミでは、同級生だけではなく先輩方との交流も多くできます。OB・OG会では、寺嶋ゼミを卒業した先輩方と話すことができ、就職してから大変だったことや働いていない私たちの分からないことなどを聞くことが出来ました。追いコンでは卒業していく先輩方1人1人にDVDを作成し、プレゼントしました。みんなのゼミ愛を感じたイベントでした。学年関係なく楽しめる寺嶋ゼミに入れて本当によかったと思います。
執筆 経営学部3年 佐藤さん

ゼミ生一人ひとりの誕生日会を祝う

[写真]経営学部4年 岡さん

寺嶋ゼミ生に共通する一番の特徴は、なんといっても、「何事にも全力で取り組み、楽しむ」という姿勢だと思います。4期生の恒例行事の1つとして、毎月、みんなの誕生日をお祝いするというものがあります。これは、全員で1人のためにメッセージボードを作成し、サプライズプレゼントとして渡すということなのですが、どのようなデザインにするか、どのようなサプライズで渡すか…などゼミ生は、毎月本気で取り組んでいます。こういった日常での些細な取り組みが、ゼミの温かい空気感を作り、支え合いつつ、刺激し合える関係作りのベースになっています。
執筆 経営学部4年 岡さん

学年ごとにお揃いのユニフォームを作成

[写真]経営学部4年 米山さん

私たちのゼミは、みんな何事にも一生懸命で、勉強だけではなくイベントにも積極的に参加しています。後輩とも非常に仲が良く、先生の誕生日パーティーやスポーツ大会、ゼミ合宿などを合同で行います。毎回とても盛り上がります。みんな個性豊かですが、イベントとなると一致団結することができるのも寺嶋ゼミの特徴だと思います。みんなでお揃いのユニフォームも作りました。これを着ると団結力が増し、スポーツ大会や文化祭など、もっと頑張ろうとやる気が出ます!
執筆 経営学部4年 米山さん

先生と生徒の距離が近い

寺嶋先生は、とてもユニークで面白い先生です。学生1人ひとりとの距離がとても近く、学生想いの優しい先生です。また学生が企画した行事などにも毎回のように参加してくれ、学生と一緒に楽しんでいます。学校のことはもちろん、些細な悩みにも親身になって考えてくれます。研究室はいつも学生で溢れています。時折厳しい一面もありますが、学生に挑戦させてくれる環境を作ってくれます。ゼミ生からすごく愛されている先生です。
執筆 経営学部3年 永瀬さん

学生に期待すること

大学時代の人間関係が卒業後も確かなものとして続くかどうかは、大学時代、如何に密度の濃い時間を共に過ごしたかによります。ゼミを通じて、勉強にも、遊びにも、何事にも一生懸命取り組む、そんな有意義かつ充実した学生生活を送られることを願っています。

ページの先頭へ戻る