経営学部2017年度 田中 彰夫 ゼミ

消費者心理の研究と実生活への応用

2018年3月26日

田中ゼミでは、商品開発や販売の場面で消費者の心理がどのように活かされているかを考察しています。また、研究に加えさまざまなゼミ活動を通じて、学生は自分達で考え、企画し、行動することを学んでいきます。
そのほか、「人物を磨く」をサブテーマとしており、私を含めゼミ生ひとりひとりが考え方や視野を広げて、人間的に豊かになれることを目指しています。

家族みたいな温かいゼミ

田中 彰夫 ゼミ

『あ~!大好き!』ふとした瞬間にそう思えるのが田中ゼミです。”幸せな人生を生きる”というコンセプトのもと4つのプロジェクトで学びを深め、それと同じくらい遊びもします。大変な時も、楽しい時も、常にみんな一緒。みんなで支えあいながら成長しています。また、OB・OGの方々や先輩・後輩・同期、企業様、そして何より田中先生、というように、関わる全ての人に恵まれています。例え目の前にいなくても、お互いの存在を想い合えるゼミ。そんな家族みたいな温かいゼミです。 
(経営学部3年相澤さん)

消費者心理の実践の場、3年目のコーヒープロジェクト

田中 彰夫 ゼミ

毎週土日に国連大学の広場で行われている「青山ファーマーズマケット」で「浅煎りコーヒー豆専門店イースト」というお店を出店しています。田中先生の専攻である消費者心理を実践できる場です。お店のレイアウトや季節ごとのイベントなどはミーティングを行い、自分達で考えて実践しました。このプロジェクトは先輩方から引き継ぎ3年目になります。最近ではリピーターのお客様も増え、そのご縁から百貨店や二子玉川ストリートマーケットへの出店もしました。学術的なことに加え、人との繋がりも活かすことの出来るプロジェクトとして、後輩に続けていって欲しいです。 
(経営学部3年木村さん、山田さん)

先輩からの縦のつながり、7年目を迎えた八幡中学校との交流プロジェクト

田中 彰夫 ゼミ

このプロジェクトで、ゼミのコンセプトである「人物を磨く」を体感できました。田中ゼミでは、八幡中学校の特別支援学級の生徒さんたちとの交流を行っています。ゼミの縦のつながりで4期生から続いているプロジェクトで、今年で7年目を迎えました。毎月、生徒の皆さんに学習しながら楽しめる企画を考え、準備や運営を行いました。昨年に引き続き、産能祭に招待をしたり、茶道部との共同でお茶会を開催したりしました。月に一回の交流会に加え、普段の中学校生活も一緒に過ごさせて頂く機会もあり、生徒一人ひとりに合った接し方を考えながら行動することができました。
(経営学部3年小川さん、松浦さん)

丸の内Common cafe にて、提案メニューが実際に商品化!

田中 彰夫 ゼミ

昨年に引き続き株式会社ラムラ様のご協力のもと、倉田ゼミと共同で、私たちが提案するカフェメニューをCommon cafe丸の内店で販売させていただきました。ターゲットの選定・企画・提案を行い、実際にお店で提供するメニューを開発する大変さを学びました。また、お客様に商品のコンセプトを伝える難しさも学びましたが、お客様の喜びの声を聞くことができた時に、大きなやりがいを感じました。さらに、私たちが大学で普段学んでいる経営学を最大限に活かせたため、自分たちの自信に繋がりました。
(経営学部3年甘利さん、後藤さん)

神奈川産学チャレンジプログラムに2チームが参加

田中 彰夫 ゼミ

ゼミの有志が集い、神奈川産学チャレンジプログラム(ビジネスコンテスト)に2チームが参加しました。企業様からお題をいただき、解決策を提案しました。一つ目のチームは、横浜ポルタ様のインバウンド政策として、外国人のお客様の通り道になってしまっている問題点を改善すべく導線に関する提案をしました。二つ目のチームは、京急百貨店様のお客様開拓のための企画案として、ターゲットとした高齢者の心理と、企業様に関する調査をしました。これらを通じ、企画の提案力と消費者心理を学習することができました。
(経営学部3年新井さん、藤原さん)

楽しく学べる工場見学を実施

田中 彰夫 ゼミ

ゼミ生に希望を募り、「コカ・コーラ ボトラーズジャパン多摩工場」に行きました。工業見学では、「モノが作られる仕組み」や「流れ」について細かく学ぶことが出来ます。今回はみんなが大好きなコカ・コーラが出来るまでの仕組みを学べ、大変勉強になりました。また、普段私たちが食べているもの、飲んでいるものの、製造工程を掴むことで、原材料や添加物などが細かく知ることが出来るため、今まで以上に安心してモノを買えるようになりました。
(経営学部3年日下さん、中村さん)

模擬店と研究発表の両方に参加、研究発表で優秀賞を受賞:産能祭!

田中 彰夫 ゼミ

産能祭で模擬店と研究発表の両方に参加しました。模擬店では、あんことクリーム2種類のたい焼きを販売しました。2個セットが好評で、予想数量がちょうど売れました。研究発表では、私たちが日々活動している様々なプロジェクトや有志で参加したビジネスコンテストの活動報告や、普段のゼミの様子、合宿などのイベントを、宇宙旅行になぞらえて発表しました。その結果、研究発表で優秀賞を頂くことができました!
(経営学部3年富田さん、植松さん)

3学年の交流を深める合同イベント、スポーツ大会

田中 彰夫 ゼミ

田中ゼミでは、年に2回、ゼミ生が企画を考えてスポーツ大会を行います。9月には3年生が企画し2年生の入ゼミ歓迎を、2月には2年生が企画し4年生の追いコンを目的としたスポーツ大会を実施します。学年を混ぜたチーム対抗を行うことで、学年を越えて交流を深めることができます。9月のスポーツ大会では2年生には横のつながりを、3年生、4年生には2年生とのつながりを作るきっかけにもなります。スポーツ大会を通じて先輩後輩の仲が深まり、田中ゼミが学年を超える仲の良さの秘密が詰まっています!
(経営学部3年古谷さん、武田さん)

1期生から100人以上が集合、OBOG会!

田中 彰夫 ゼミ

今年も田中ゼミOBOG会を、11月に新宿のcommon cafeにて開催しました。OBOG会は例年、OBOGの先輩方や現役生のおよそ100名が参加している一大イベントです。当日は懐かしい思い出に浸ったり、皆で田中先生のお誕生日をお祝いしたりしました。田中ゼミは横の繋がりはもちろん、縦の繋がりも非常に強いゼミです。卒業後も互いに刺激を与え合う先輩方の姿を間近で見て、私たちも先輩方のような関係になりたいと強く感じました。田中ゼミの仲間たちと語り合える最高な機会として、今後も引き続きOBOG会を開催し続けていきたいと思います。 
(経営学部3年北澤さん、田中さん)

就活は団体戦!

田中 彰夫 ゼミ

田中ゼミは、就活を団体戦と捉えています。就活は、「一人の戦い」いわゆる個人戦と思われている方も多いと思います。しかし、田中ゼミでは、みんなで情報共有を行なうことに加えて、先輩からも毎週のサブゼミで手厚いサポートを受けられるので、辛い就活も乗り越えられます!また、SPI対策もしっかりと行なっています。分からない問題は、分かる人が先生となって教えるという形をとっているため、みんなで力を合わせて学力向上を図っています。
(経営学部3年流石さん、原さん)

イベント盛りだくさん、団結力の秘訣です

田中 彰夫 ゼミ

田中ゼミは勉学も全力ですがイベントごとにも全力です。お花見・花火大会・スポーツ大会・登山・ハロウィンパーティーなど様々なイベント盛りだくさんのゼミです。イベントを重ねるごとに団結力が生まれ、日々のゼミ学習でもみんなで支え合い大変なことも乗り越えています。その中でも一番ゼミの仲間と距離が縮まったイベントが夏合宿です。山梨県へ行きひまわり畑や忍野八海で自然を堪能しました。食事にもこだわりみんなで協力しながら流しそうめんや夜にはBBQを楽しみました。学ぶときは学び遊ぶときは遊ぶメリハリのついたゼミです。 
(経営学部3年林さん、矢澤さん)

学生に期待すること

「行くに径に由らず」。目先の損得にこだわり小手先の技で勝負するのではなく、正々堂々と大道を歩んでもらえればと思います。

ページの先頭へ戻る