情報マネジメント学部2018年度 小野田 哲弥 ゼミ

「業界・企業研究」と「学外コンテストへの挑戦」

2018年4月1日

小野田ゼミでは、「知られざる優良企業の発見」を目指した業界・企業研究と、「PBL(課題解決型学習)の場」である学外コンテストへの挑戦を通じて、“広い視野”と“自分の強み”を身に付けます。

やる気の分だけ成長できるゼミ

[写真]情報マネジメント学部4年 藤澤さん

情報マネジメント学部4年 藤澤さん

小野田ゼミは、“やる気”に溢れたゼミです。2年次では、業界研究の成果を先輩たちに向けてプレゼンします。実際に就活中の先輩たちが評価に加わる事で、自分たちの足りない部分を的確に見つけてアドバイスをしていただけます。
3年次には、神奈川産学チャレンジプログラムに参加します。私たちは京浜急行バス様のテーマ「羽田空港リムジンバスのインバウンド旅行者向けPR」に挑戦し、優秀賞を受賞することができました。80人を超える外国人の方にインタビューを行い、ターゲット国別の特徴を活かしたホームページを作成した点を、高く評価していただきました。
最初は自信が無くても、やる気さえあれば、多くの経験を積むことができます。それによって様々なスキルが身に付き、自信へと繋がります。先生からのフィードバックも細かく丁寧な為、やればやった分だけ成長を実感できます。未経験者でもやる気さえあれば、何でもできる場が小野田ゼミです。

高いレベルに身を置けるゼミ

[写真]情報マネジメント学部3年 鈴鹿さん

情報マネジメント学部3年 鈴鹿さん

私が小野田ゼミを目指すきっかけとなった出来事は、2年前期に履修した『スポーツ企画プロジェクト』でした。この科目は2学年合同で、横浜DeNAベイスターズさんの観戦イベントを企画します。優秀な3年生たちの中でも、ひときわ輝いていた小野田ゼミの先輩方に憧れを抱き、このゼミを志望しました。
小野田ゼミでは学外に出て学ぶことも多く、成長するチャンスがたくさん与えられます。私が参加したものだけでも、慶應義塾大学や株式会社電通で開催された学会の運営補助アルバイト、Sport Policy for Japanや東京モーターショーの観覧など、挙げれば切りがありません。
学外の高いレベルを目の当たりにすることによって、ゼミの中でも、お互いの改善点をしっかり言い合い、切磋琢磨できる関係ができています。この素晴らしい環境の中で、自分自身のスキルを磨き、小野田ゼミの集大成である学外コンテストで、必ず最優秀賞を取りたいです。

第14回神奈川産学チャレンジプログラムで表彰された小野田ゼミのメンバー(2017年12月19日 パシフィコ横浜にて)

第14回神奈川産学チャレンジプログラムで表彰された小野田ゼミのメンバー(2017年12月19日 パシフィコ横浜にて)

TOKYO MOTOR SHOW 2017 の観覧 (2017年11月4日 東京ビッグサイトにて)

TOKYO MOTOR SHOW 2017 の観覧 (2017年11月4日 東京ビッグサイトにて)

学生に期待すること

コンテスト挑戦や学会聴講など、小野田ゼミでは多くの経験の“場”を用意しています。それらのチャンスを活かすかどうかはみなさん次第です。やる気さえあれば、慣れない英語でのインタビューだって、初めてのホームページ作成だって、達成できる力をみなさんは秘めています。自らのポテンシャルを信じ真剣に打ち込む学生を、私も全力でサポートしたいと思います。

ページの先頭へ戻る