情報マネジメント学部2017年度 三浦 智恵子 ゼミ

コミュニケーション・教育の視点からマネジメントを学ぶ

2018年1月22日

2年生のゼミでは、学生生活の中にも存在し、社会に出てからも必要となる「教える」スキルを、相互教授の手法を用いて学んでいます。教えるスキルを学ぶことで、「相手の立場・目線に立つこと」「コミュニケーションを通じて相手の考えを引き出すこと」「限られた時間の中で相手のためになる成果をあげるマネジメントを行うこと」などを身につけていこうと、ゼミ生たちは奮闘中です。
伊勢原地域の学習支援やこども食堂ボランティア、JAよこすか葉山様とのコラボレーションなど外部との連携にもとりかかっているところです。

三浦ゼミは第2の家

[写真]情報マネジメント学部2年 田代さん

情報マネジメント学部2年 田代さん

三浦ゼミは今年度新しく設立された新しいゼミです。まだ一期生しかいないため、一人一人がゼミの顔となるよう役割に責任を持ち活動しています。何事も積極的にチャレンジし、先生と試行錯誤しながらゼミの基盤を作り上げています。
雰囲気は明るくアクティブ。そして母のような三浦先生のアットホームな雰囲気。メンバーの誕生日には毎回写真を撮ったり、行事は全員で取り組むようにしていて、みんなゼミでの活動が大好きで毎回全員無遅刻無欠席です!これからも、未来の後輩のためにいろんなことをカタチに残せるよう挑戦し続けていきます。

十人十色 ~個性あふれる教育者~

[写真]情報マネジメント学部2年 高月さん

情報マネジメント学部2年 高月さん

アルバイト先や学校などで人に教えられるまたは教える機会はないでしょうか。私たち三浦ゼミの1期生は、「教育とマネジメント」をテーマに、学生自身が先生役・生徒役・その授業の評価役とグループごとに役割分担をしてゼミの授業を行い、人との接し方や伝え方などについて実践的に学んでいます。どのグループもテーマが違い、毎回新たな発見があります。
三浦ゼミには個性の強い学生がたくさんいます。海外旅行が好きな人、バンドをしている人、サッカーをしている人等々。趣味などは違っても、イベントごとに仲が深まっていることを実感しています。今年は年内最後の行事である大山登攀に「ちえこLOVERS」(チーム名)として参加し、見事4位を取ることができました。

三浦ゼミ

授業風景

三浦ゼミ

左:授業風景 / 右:瑞木祭

三浦ゼミ

学生に期待すること

個人が「自己成長」することはもちろん重要なことです。しかし、それ以上に「他者のためにいかに動けるか」ということをこのゼミでは大切にしたいと考えています。テストの点数だけでは表せない力を、ゼミで発見し伸ばしていってほしいと思います。

ページの先頭へ戻る