経営学部2017年度 松尾 尚 ゼミ

ビジネスの面白さを知る:実践、行動を重んじる学生主体のゼミ運営

2017年7月12日

松尾ゼミでは、毎年、企業と共同でマーケティングテーマを設定し、その課題に対して企画~実行までを行う年間プロジェクト活動を行っています。その中で経営課題の分析力、実践力を向上させ、即戦力として通用する人材の育成を目標としています。「優良企業の研究」にしても、単にデータ分析するのではなく、分析結果から問題点を見つけて、それを自分が現場に出かけて実践で確認するといったアクティブな学習に重きを置いています。

松尾ゼミでよかった

経営学部4年 越川拓朗さん

松尾ゼミを選んでよかったところは、自分の主体性が発揮できるようになった点です。松尾先生は基本的に学生に考えさせて、学生主体でゼミを進めてくれる先生です。そのため、学生が自ら考えて、行動するようになります。
私が特に松尾ゼミに入って身についたのはプレゼンテーション力です。元々、人見知りでプレゼンテーションが苦手でしたが、松尾ゼミに入って、主体的に発言を求められるようになり、人前に出て話すという機会を多くいただきました。そういった場で、先生・ゼミの同級生・先輩方・外部の企業の方々からフィードバックを受けることで、一歩一歩、自分の成長を実感することができました。松尾ゼミは、今の自分から一歩前に踏み出したい人が集まる場所であり、そこが最大の魅力です。

3年次PBL サンリオプロジェクトについて

経営学部4年 篠原 栞さん

私たち松尾ゼミは年間プロジェクトとして、株式会社サンリオ様とのPBL(問題解決型授業)に取り組みました。
前期・後期に各1つテーマをいただき、前学期は、都内店舗のリニューアルに向けて、店舗の新コンセプトの立案と店舗改革提案を行うプロジェクトを行い、後学期は、サンリオのキャラクターの再ブランディングと活性化を行いました。ゼミ内でグループに分かれて企画を練り、最終発表は本社で役員を含む社員の方々に向けて提案を行い、フィードバックをいただきました。
店舗改革では、私たちの提案の一部が採用されることになり、そのアイデアを含んだ新店舗の工事が進み、また、提案内容の1つは、サンリオのグッズとして商品化を検討いただいています。キャラクターの活性化についても同様に、現在、具体化に向けて検討を進めていただいています。
活動中に何度も壁にぶつかりましたが、ゼミのメンバーと協力して乗り越えることによってお互いの絆が強まり、全員の納得のいくプレゼンテーションをすることができました。松尾ゼミはオンオフの切り替えが上手い人が多く、遊ぶときは楽しく、真面目な時には高め合い、学びあえる仲間と出会うことができました。

松尾先生はこんな人

経営学部4年 森島風咲さん

松尾先生は私達にとって第二の父親のような先生です。ゼミ生一人ひとりの考えに寄り添い、そのゼミ生に何が必要か教えてくれます。何かに熱意を持って取り組む学生を見守り、導いてくれるのが松尾先生です。
私が先生に初めて出会ったのは高校3年生の夏に参加した高校生向けのプログラムでした。進路選択に悩んでいた私に先生は「自分が信じるようにやれば良い」と背中を押してくれたことを今でも覚えています。自分が熱意を持って取り組む事を見守ってくれる先生がいるこの大学で学びたいと決めた瞬間でした。
現在松尾ゼミには様々な活動に挑戦している学生が集まっています。先生が毎学期ゼミ生一人ひとりに書いてくださる手紙には、自分が努力している姿を見ていてくれた先生の温かい言葉で溢れています。学生を無理に型に嵌めることなく、学生の気持ちを第一に考え、支えてくれる最高の先生です。

松尾ゼミにはこんな人が集まります

経営学部4年 岡田遼平さん

松尾ゼミには、個性的な人が集まります。
例えば、ヒッチハイクで近畿地方まで一人旅に出る人もいれば、家で寝ていることが大好きな人もいます。100人単位の学生スタッフのリーダーもいれば、アイドルの追っかけもいます。アパレル店員でおしゃれな人もいれば、音楽大好きなバンドを組んでいる人もいます。
そんな多種多彩な男女が同じゼミにいて、一つのプロジェクトを行うとき、進行が難しく思うかもしれません。確かに、バチバチにぶつかる時もあります。ですが、そういった違う価値観を持った仲間がいることで、プロジェクトに新しい価値を生み出すことができるのです。それぞれの良さを理解しているからこそ松尾ゼミが良い方向へ、刺激し合いながら向かっていると思います。
プロジェクトだけではなく、遊びにも全力な所も松尾ゼミの良いところです。先生の誕生日祝いで集まったり、ゼミ会でもワイワイしたり、何事にも楽しく、全力で取り組み、日々高め合い活動しています。

年に1回のOB・OG会

経営学部4年 千葉美有紀さん

OB・OG会は、「縦の繋がりを大事にする松尾ゼミ」の代表的行事です。歴代(現時点で12期)のゼミ生が集まり、ゲームや食事を楽しみながら親睦を深めます。学生時代のこと・就活の時の苦労・仕事のことなど様々な相談をすることができ、先輩方も快く話してくださいます。
私もあまり先輩方とは繋がりがなく、参加するまでは不安でした。しかしOB・OG会を通して様々な方とお話することができました。また、サークルの先輩が実は松尾ゼミだったり、同期の先輩を紹介してもらったりなど、人と人との繋がりをとても感じることができました。こういった繋がりやゼミでの学びは、松尾ゼミだからこそ得られるものだと思います。

学生に期待すること

未来は、まだ何も書かれていません。だから、可能性は無限です。どんなに困難なことでも、どんなに批判を受けても、理解者が1人でもいればやり続けることが出来ることを知って欲しいと思います。

ページの先頭へ戻る