情報マネジメント学部2017年度 古賀 暁彦 ゼミ

フットパスづくりを通じた地域観光資源の再発見

2017年9月25日

 古賀ゼミでは、地域の方との交流を基盤に伊勢原地域活性化に取り組んでいます。今年は伊勢原日向地区の地域観光資源の再発見とフットパス(注1)づくりに着手しています。
また、年間を通じて「口頭表現スキルの向上」「世の中の動向を知る」を目標に、3分間スピーチトレーニングや、新聞記事のスクラップづくりを実施しています。

 注1:「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のこと。
(日本フットパス協会ホームページより引用
http://www.japan-footpath.jp/aboutfootpath.html 2017/09/21確認)

人・物・地・道

[写真]情報マネジメント学部3年 伏見さん

情報マネジメント学部3年 伏見さん

 古賀ゼミは学生が地域と密着して「何か新しいことができないか」を考え、活動しています。
 その一例として、携帯電話端末等の電子機器を絶ち、徒歩で大学近辺のスポットを巡り、"チェキ"で写真撮影、緑を感じながら休憩する「Digital Detox Day(D3)」を企画し、実現に向けて取り組んでいます。
 先生をはじめ、伊勢原市の方々のご協力・ご支援を頂きながら活動しています。

自主性が問われるゼミ

[写真]情報マネジメント学部3年 大槻さん

情報マネジメント学部3年 大槻さん

 現在、古賀ゼミでは「Digital Detox Day in日向」というイベント開催に向けて活動しています。
 私達のゼミでは自主性が問われます。イベント開催に向けて何が必要なのか、自分達で考え行動する必要があり、実践的にマネジメントが学べます。伊勢原が舞台なので、地域の方々との交流や関わることが多く、社会勉強にもなるので色々な経験をしてみたい方は是非古賀ゼミに来てください。

2017年8月・日向地区でのゼミ合宿

2017年8月・日向地区でのゼミ合宿

学生に期待すること

 大学の外の方々との交流を通じて、自ら動く力や、自分と異なる世代の方とコミュニケーションする力を伸ばすことを期待しています。

ページの先頭へ戻る