情報マネジメント学部2016年度 小林 久司 ゼミ

起業家マインドを養成する

2016年12月12日

将来ビジネスパーソンとして活躍するための視点磨きとして、起業家のマインド(意志)を学んでいます。その一環として、成長をし続ける会社の条件を「ビジョナリーカンパニー④」で考察します。
また、時事問題に精通するため毎回PEST分析(政治、経済、社会・文化、技術)を行っています。こうした学習の中で論理的な思考プロセスも磨いています。

企業家マインドという社会勉強の追及

[写真]情報マネジメント学部3年 坂口さん

情報マネジメント学部3年 坂口さん

小林ゼミでは、起業家マインドの習得をテーマに、偉大な起業家が残した著書の読解・考察と、そのプレゼンテーションを行います。スタートアップから市場戦略まで、成功事例を細部まで研究する事により、起業家マインドの習得を目指します。プレゼンテーションでは、学習内容の洗練化と、ゼミ内での知識や価値観の共有を行います。
起業家マインドは、企業の基本精神ともいえるので、これから社会へ出て行く私たちにとって、魅力的な知見だと私は感じています。

ゼミ活動は自分自身が成長するために学ぶことができる場所

[写真情報マネジメント学部3年 渡邉さん

情報マネジメント学部3年 渡邉さん

私たちのゼミは起業家のマインドを学ぶだけではなく、様々な視点から企業や時事問題を見る力を養う事ができます。また、考察をしたうえで問題点や改善点、解決案を自ら探し出しグループで共有して疑問に思うことについて議論する時間を大切にしています。
私自身ゼミ活動を通して、様々な観点から物事をみる力がついてきたと感じています。また、起業家研究を通して「人を動かす」ことの難しさ楽しさを学ぶことができたと感じています。

[写真]

学生に期待すること

ものの見方と考え方を早期に修得して欲しい。それには「True」「Why so」「So What」の視点を磨くことです。

ページの先頭へ戻る