情報マネジメント学部2017年度 小林 久司 ゼミ

ビジネスマインドを養成する ~ものの見方と考え方の創造~

2017年12月21日

本ゼミでは、起業家/企業家の立場に立って、経営の舵取りやリーダーシップのあり方、そしてコミュニケーションの疎通をいかに育むかを、最新の考えを示すビジネス書やビデオを通じて追究しています。また毎回タイムリーな時事問題を考察することにより、政治・経済・社会/文化・技術の動向に関心を高めています。

小林ゼミの活動

[写真]情報マネジメント学部3年 小野寺さん

情報マネジメント学部3年 小野寺さん

小林ゼミでは、毎回の授業で時事問題について取り組んでいます。
この時事問題は、ゼミ生が毎週気になったニュースを取り上げその事柄について全員で議論します。このことでニュースについての様々な知見を毎週増やしています。
また、小林ゼミのメインである起業家研究では様々な人物の経験や書籍から、起業することはどういうことなのか、また、起業家の考え方である「起業家マインド」を知る事で働くことについて考え学ぶことが出来ます。このゼミでの活動を通して個人で考える力を磨くことが出来るのがとても魅力です。

スキルアップができる場所、それが小林ゼミ

[写真情報マネジメント学部3年 鮎川さん

情報マネジメント学部3年 鮎川さん

小林ゼミでは、起業家のマインドを学ぶためにビジネス書の考察、プレゼンテーションを行い、各自が得た知識をゼミ内で共有します。内容を理解する能力、人に分かりやすく伝える能力が小林ゼミでは身につきます。また、私は今まで新聞を読む機会が少なかったのですが、ゼミで時事問題を扱うため、世間への関心を持つことができました。これから社会へ出る準備をしている私たちにとって必要な能力を得ることができると感じています。

小林ゼミ

2017年 夏合宿

学生に期待すること

学生には、ぜひ今ある世の中の基準(普通とか常識とか言われていることです)を疑ってみて、そこから自分自身で納得できるものの見方をして欲しいです。そこから新たに何かが生まれます。

ページの先頭へ戻る