情報マネジメント学部2015年度 川野邊 誠 ゼミ

21世紀のものづくり、サービスを考える ~Human & Social Centered Design~

2016年3月20日

本ゼミでは,各自が好きなテーマを定め,「人や社会,環境を中心にモノやコトをデザインするHuman & Social Centered Design」という視点で物事を考え,テーマの目標達成を目指します.そのプロセスにおいて発生する様々な問題を解決することで,マネジメント能力を身につけ,どの業界でも活躍できる将来のマルチプレイヤーを育成します.

ひとと自分と向き合う「場」

[写真]情報マネジメント学部4年 矢萩さん

情報マネジメント学部4年 矢萩さん

川野邊ゼミは「自由」なゼミです。自分の挑戦したいことに挑戦できるため、各々目標を持って行動している人が集まります。
以前の私は、自分の弱いところを見せまいと強がっていた部分もありましたが、お互いが本音でぶつかり合えるこの環境で自分の本音を出すことや、自分から行動しなければ何も始まらないということに気づきました。川野邊ゼミは「自分の成長」を感じることができるゼミだと思います。

お互いが切磋琢磨しあい共に成長していく場

[写真]情報マネジメント学部3年 石澤さん

情報マネジメント学部3年 石澤さん

私は自分の好きなテーマで研究ができるところに魅力を感じ、ゼミ選択時に川野邊ゼミを希望しました。
いざ研究を始めてみると、テーマ策定から課題は山積みで、研究をスタートするまでに1ヶ月もかかりました。その後もすぐ壁にぶつかり、何度もくじけそうになったことがありましたが、そんなときに私を助けてくれたのはゼミの同期や先輩、後輩でした。
川野邊ゼミは、横の学年内の繋がりはもちろん、縦の繋がりも大切にしています。お互いが切磋琢磨して共に成長していくこの場が私はとても好きです。

学生に期待すること

自らの目標に全力で挑むことで,“プロフェッショナル精神”を磨く。さらに、仲間と過ごす時間を通して、”One for All, All for One”の心を育む。本ゼミの卒業生として、この2つを持って社会に飛び立って欲しいです。

ページの先頭へ戻る