経営学部2017年度 番田 清美 ゼミ

The Power of Dreaming

2017年5月18日

 番田ゼミでは、グローバル社会において共生できる人材の育成を目指します。2015年の夏には、石川県白山市国際交流協会ご協力のもと、白山市へ外国人誘客のための観光プランの提言を行いました。9月に開催された国際キャリア教育学会においては、ゼミ生がカンファレンススタッフを務めました。また2016年には北陸製菓さまのご協力のもと、8月に香港Food Expoに同行させていただき、商談について学ばせていただきました。食品輸出に関する研究を進め、12月のグローバル人材育成教育学会全国大会(大阪大学)において、ゼミ生全員が4グループに分かれ学会抄録執筆を行いました。単なる体験に終わらせず、それを研究にまとめあげ、持論を作り出す教育をしています。

香港で商談取引を体験

経営学部4年 登坂さん

経営学部4年 登坂さん

番田先生と私を含めた12人は、北陸製菓さまの商談サポートとして、香港で開催された“Food Expo2016”に参加しました。展示会場には世界各国からディストリビューターやバイヤー、飲食店のオーナーが訪れ、試食や商品説明を通して商談に繋げていきます。訪問者のほとんどが外国人なので、英語で商品説明・商談を行う必要があります。1つでも多くの商談に繋げるために、ゼミ生全員一丸となって英語での商談取引に全力で挑み、数多くの取引の成果を出すことが出来ました。
この経験を通して、貿易ビジネスの現場を肌で感じることが出来ました。また、日本から離れた場所で世界を見ることで、世界中には自分の知らないことがたくさんある、という新たな発見や可能性を見つけることができ、自分たちのこれからのキャリアを見つめ直すきっかけになったと思います。

グローバル人材育成学会全国大会ポスター発表で優勝

経営学部4年 左:岩崎さん、右:木村さん

経営学部4年 左:岩崎さん、右:木村さん

北陸製菓株式会社本社に伺い、社員様に事業提案を行いました。シェアの拡大が見込める中国に着目し、北陸製菓のみがライセンス契約をしている「モンチッチ」を起用した新たなパッケージデザインです。新たなデザインを考えるにあたって、訪日外国人に英語でインタビュー調査をしたり、パッケージデザインの重要性やキャラクターの活用効果などを論文で調べ、研究に生かしました。(経営学部4年・岩崎さん)

12月には大阪大学で行われたグローバル人材育成学会に参加しました。抄録作成、ポスター発表を行い、学生の部で優勝をすることができました。学会発表の際に、海外事業展開に詳しい方々から現実的な厳しい意見や示唆に富んだ助言を頂くことができました。夏休みから長い時間をかけて、1つのものを作り上げ、深く学び、とても貴重な体験をすることができました。(経営学部4年・木村さん)

グローバルだけじゃない、多方面から学べるゼミ

経営学部4年 右:川島さん、左:鈴木さん

経営学部4年 右:川島さん、左:鈴木さん

夏休みには国内班と海外班に分かれてそれぞれ1週間ほどの合宿を行いました。国内班では石川県に拠点を置く北陸製菓様にお題をいただき、今後の経営展開について3班に分かれてそれぞれ提案をしました。提案に必要なデータを集めるため訪日外国人への街頭アンケートを行いました。番田ゼミはグローバルな視点から様々なことが学べるゼミです! (経営学部4年・川島さん)

夏合宿では、白山ふもと会さまのご支援を受け、山登りや獣の解体所の見学も行いました。大自然の中を散策し、ジビエについての理解も深まりました。もともと獣害対策として捕まえていた熊や猪を、食に廻すことで地方創生に繋げることもできるのだと学びました。地元の方々との語らいに、地元愛を感じました。番田ゼミでは都会を離れた貴重な経験ができます。(経営学部4年・鈴木さん)

留学生会と共働するゼミ

経営学部4年 森さん

経営学部4年 森さん

私はゼミの国際部長を務めました。「留学生会主催異文化交流フェスタ」では、留学生が母国語以外でプレゼンテーションを行うという難しい課題に直面していました。私は留学生を支援する立場としてアドバイスを行いました。その際、留学生たちの学びに対する真摯な姿勢を目の当たりにし、ゼミでの役割としてだけではなく、「個人的にも彼らと共にいいものを作りたい。」いう気持ちになりました。留学生の方々と交流を行いプレゼンテーションや原稿を完成させました。日本に来て、自国と違う環境で学ぶという選択をした留学生の皆さんのやる気やチャレンジする姿勢は、自分自身も見習わなくてはいけないポイントだと感じました。この活動を通して、日本での当たり前な事が海外では当たり前ではない事を知りました。また、様々な違いがある事を意識し、貿易を行う際にその国の事をよく知る事が成功に繋がる第一歩なのではないかと感じました。今後社会においてグローバルに活動したい私にとって、この経験は宝物です。

経営学部4年 門健さん

経営学部4年 門健さん

私留学生にとって、ただ日常に学校で勉強するだけではなく、さまざまな交流が必要だと思います。産業能率大学では、異文化交流のイベントが沢山あり、日本人学生との深い繋がりができると思います。番田ゼミには、国際部があり、留学生会のイベントを応援しています。

社会人とのやりとりを学ぶ

経営学部4年 中冨さん

経営学部4年 中冨さん

私は広報部長として、ゼミを支援してくださった企業様と連絡をとり、当ゼミで行っている様々な活動に関して報告を行っています。当ゼミは海外に関する調査や発表などを行っており、活動を通して文化や経済に関する知識、グローバルな観点から物事を考える力などを得ることを目指しています。

番田清美ゼミ
番田清美ゼミ

学生に期待すること

よく学び、よく経験することを期待します。情報を収集し、文献を読み、自分の論を展開する力をつけることが大切です。勉学を怠らず、基礎学力を身につけると、実践体験は活きてきます。

ページの先頭へ戻る