経営学部 教授

光定 洋介

MITSUSADA Yousuke

光定 洋介

 金融投資家として、また、企業経営陣(東ハトやドラッグイレブンなどの役員)として、中長期的な企業価値が向上するようにいろいろな企業の応援をしてきました。
 また、日本証券業協会、金融財政事情研究会、内閣府経済社会総合研究所、日本IR協議会などでの講演会・研究会の講師として、日本的な経営の現場を踏まえたコーポレート・ガバナンスのあり方などについて提言をしています。
 学生には、今の時代に最も求められている、自分の頭で考え、自分の意見を自分の言葉で表現できることのできる卒業生に育ってもらいたいと考えています。そのため、表面的な付き合いだけではなく、飲み会や合宿などを通じた人との触れ合いや深い付き合いを重視したいと思っています。ちなみに、趣味は、旅行、ドライブ、ゴルフなどです。

ゼミ情報

光定 洋介 ゼミ 2016年度 ゼミリポート

業界・企業調査を行い、その中から隠れた優良企業の探査を行います。そして、工場見学や合宿などを通じて、仕事への理解を深め、その仕事に対して自分がどう関わっていきたいかを考えていきます。また、ディベートなどを通じて、論理的思考能力も高めます。さらに、人間力向上面では、 ①社会で通じるコミュニケーション能力の向上、②就職しやすい自分創り、③生涯の友人作り・人脈構築を目的としています。

ゼミレポート詳細へ

担当授業

企業の提携と買収、企業調査の方法、3年次ゼミⅠ(進路支援ゼミ)、4年次ゼミ(進路支援ゼミ)、ファイナンス(大学院)

専攻・専門分野

  • 経営分析論、ファイナンス
  • 早稲田大学大学院ファイナンス研究科(MBA)
  • 東京工業大学 博士(学術)経営工学専攻

代表的な著書・論文

【著書】
・「完全版 投資ファンドのすべて」(共著)2014年2月 金融財政事情研究会
・「「市場」ではなく「企業」を買う株式投資」(共著)2013年10月 金融財政事情研究会
・「株式投資家が会社に知って欲しいこと」(共著)2008年5月 日本コーポレートガバナンスフォーラム編、商事法務
・「企業統治分析のフロンティア」(共著)2008年9月、日本評論社
・「ファンドマネジメントのすべて」(共著)2007年12月、東京書籍

【論文】
・「企業はどういう動機で金庫株消却を行うか-企業行動に関する実証分析-」(共著) 2011年 経営財務研究 Vol.30 No.1, 2
・「株主構成と株式超過収益率の検証-市場志向的ガバナンスのわが国における有効性-」(共著) 2009年1月 証券アナリストジャーナル 第47-1号、共著 (2008年度 証券アナリストジャーナル賞 受賞)
・「株主によるガバナンスと企業行動・株式価値に関する研究」(単著)、2009年9月、博士論文(東京工業大学)
・「投資家は何故消却を求めるか-金庫株消却からみるエージェンシーコスト-」(共著)2009年5月 証券アナリストジャーナル 第47-5号
・The adoption of Poison Pills and Management Entrenchment: Evidence from Japan”, Japan and the World Economy 23(2011)PP63-67


ページの先頭へ戻る