経営学部 准教授

皆川 雅樹

MINAGAWA Masaki

皆川 雅樹

神奈川・東京の私立高校で地理歴史科の教員として11年間勤務したのちに、2016年4月より本学へ。
高校教員時代は、進路学習指導を中心に、キャリア教育や授業改善に取り組み、その中で日本史のアクティブラーニング型授業や選択授業「チーム・組織を考える」というファシリテーション・チームビルディング・KP法(紙芝居プレゼンテーション法)などのスキル&マインドを大切にする授業を構築してきました。
「教わり家ではなく“学び家(まなびか=学び続ける専門家)”」「まずは“質より量”」(最終的には質≧量」をコンセプトに教育に取り組んでいます。
また、歴史研究者として、日本の奈良・平安時代を中心とした海外との交易が日本国内の政治・権力にどのような影響を与えるのかを、当時の舶来品である「唐物(からもの)」を中心に研究しております。
「唐物」は今でいうところの海外ブランド品にあたり、当時の貴族や武士たちの憧憬の品として政治的な場でのプレゼントなどとして利用されました。
当時のブランド感覚、海外との交易やそのルートなどを取り巻く人・物・情報・お金の動きが、現在のものとどのように違うのか、経済学や経営学などの視点でみることも面白いところです。

担当授業

現代日本の歴史、コミュニケーションの方法、ワークプレイスの人間関係、基礎ゼミⅠ、2年次ゼミⅠ

現代日本の歴史、国際関係史、成功するプレゼンテーション、ビジネス文書の作成、基礎ゼミⅡ

専攻・専門分野

  • 歴史学(日本古代史、対外関係史)
  • 歴史教育
  • ファシリテーション

代表的な著書・論文

・『日本古代王権と唐物交易』(単著、吉川弘文館、2014年)
・『新装版 唐物と東アジア—舶載品をめぐる文化交流史—』
  (共編著、勉誠出版、2016年)
・『アクティブラーニングに導くKP法実践—教室で活用できる紙芝居プレゼンテーション法—』(共編著、みくに出版、2016年)
・『史学会125周年リレーシンポジウム2014 1教育が開く新しい歴史学』
  (共著、山川出版社、2015年)
・『現場ですぐに使える。アクティブラーニング実践』
  (共著、産業能率大学出版部、2015年)

ページの先頭へ戻る