経営学部 教授

松尾 尚

MATSUO Takashi

松尾 尚

慶應義塾大学法学部卒、ボストン大学大学院MBA修了。早稲田大学大学院 博士後期課程修了(学術博士)。
産業能率大学経営学部に在籍する前は、総合電子部品メーカーの村田製作所にて、マーケティング戦略、新規事業育成、M&Aなどの経営企画業務に関わっていました。
マーケティングや経営戦略の理論的枠組みに、前職での現場経験を加えることで、ビジネス社会で通用する生きた学問を教えていきたいと考えています。
 キャンパスでお会いできることを楽しみにしています。

ゼミ情報

松尾 尚 ゼミ 2017年度 ゼミリポート

松尾ゼミでは、毎年、企業と共同でマーケティングテーマを設定し、その課題に対して企画~実行までを行う年間プロジェクト活動を行っています。その中で経営課題の分析力、実践力を向上させ、即戦力として通用する人材の育成を目標としています。「優良企業の研究」にしても、単にデータ分析するのではなく、分析結果から問題点を見つけて、それを自分が現場に出かけて実践で確認するといったアクティブな学習に重きを置いています。

ゼミレポート詳細へ

担当授業

4年次ゼミ、アーティスト・プロモーション、マーケティング、マーケティング演習、ケースで学ぶマーケティング、エディタ養成プログラム、インターンシップⅠ

2年次ゼミⅡ、3年次ゼミⅠ・Ⅱ、メーカーのマーケティング、就業力プログラム

専攻・専門分野

  • マーケティング戦略論
  • 技術経営論
  • BtoB取引戦略

代表的な著書・論文

【著書】
・「アクティブラーニングでなぜ学生が成長するのか—経済系・工学系の全国大学調査からみえてきたこと—(講演収録)」 2011年6月 東信堂
・「日本のイノベーション2」 (共著) 2011年2月 白桃書房
・「MOTの新展開(共著)」 2008年 産業能率大学出版部
・「フラットパネルディスプレイ最新動向」  (共著) 2005年 工業調査会
・「MOTアドバンスト技術ベンチャー」  (共著) 早稲田大学ビジネススクール編 2005年 日本能率協会

【論文】
・「需要変動に対する生産財メーカーの対応」 2008年4月 経営システム Vol.18 No.1 日本経営工学会
・「生産財取引における売り手の顧客・製品戦略の研究(博士論文)」 2007年6月 早稲田大学大学院
・「電子部品取引における売り手・買い手の関係性の複雑化と多品種少量取引に対応する新たな販売チャンネル構築の必要性」 2007年 早稲田大学アジア太平洋研究科論集Vol.13
・「電子機器の実質標準化に伴う部品デバイスメーカーの競争戦略」 2006年9月 産業能率大学紀要 Vol.27 No.1
・「電子デバイス取引におけるBtoB E-Commerceの進展」 2005年9月 Japan Ventures Review No.6 ベンチャー学会

ページの先頭へ戻る