経営学部 教授

小林 昭文

KOBAYASHI Akifumi

小林 昭文

埼玉県公立高校教諭として25年間勤務したのち、2013年3月に定年退職し、2014年4月より本職に就きました。高校教諭時代には、カウンセリング、コーチング、アクションラーニング(質問会議)、メンタリングなどを学んで、教育相談、キャリア教育、授業改善などに力を注いできました。
特に2007年度から、当時は不可能と言われていた高校物理の授業を「アクティブラーニング(能動的学習)型授業(AL型授業)」にすることに成功し、その研究・実践・啓発活動を続けています。
大学ではAL型授業の基礎スキルとなっているアクションラーニング(質問会議)を軸として「リーダーシップベーシック」「リーダーシップアドバンス」「ロジカルシンキング実践」などの授業を担当します。これらに共通した目的は、学生諸君が授業・研究・サークル活動・アルバイトなどの体験を振り返り、気づき、よりよい行動を実践することを通して、チームとして動く力・傾聴する力・質問する力などを鍛えることです。それが新しい時代のリーダーシップ・スキル・トレーニングにつながります。
単なる就活対策のみならず10~20年後に組織の中核として活躍する皆さんの社会人としての基礎力向上を目指します。

担当授業

リーダーシップベーシック、基礎ゼミI、文章力の基礎

ロジカルシンキング実践、基礎ゼミII

専攻・専門分野

  • 理論物理学(一般相対性理論と宇宙論)
  • アクションラーニング(質問会議)

代表的な著書・論文

・「アクティブラーニング入門」(単著) 平成27年4月 産業能率大学出版部
・「現場ですぐに使えるアクティブラーニング実践」(共著) 平成27年8月 産業能率大学出版部
・「いまからはじめるアクティブラーニング導入&実践BOOK」(単著) 平成28年2月 学陽書房
・「7つの習慣×アクティブラーニング」(単著) 平成28年3月 産業能率大学出版部
・「担任ができるコミュニケーション教育」(単著) 平成16年4月 ほんの森出版
・「自分を発見するワークペーパー32」 (共著) 平成12年5月 学事出版
・「記述式 心の処方せん」(共著)  平成14年10月 二見書房

ページの先頭へ戻る