情報マネジメント学部 教授

松岡 俊

MATSUOKA Takashi

松岡 俊

見えない動きを「可視化」、「仮説化」することの威力を中学時代にサッカーを通じて最初に学びました。データを元に行う動きの修正や攻撃で生じるカオスを活かし切るためのプロアクティブなポジショニングなど今日のビジネスシーンでも十分に通用するスキルの応用に最近は関心があります。担当科目は様々ですが、こうした「動きながら考える」ことの大切さを授業のなかでもみなさんと共に実践して行きたいと考えています。

ゼミ情報

松岡 俊 ゼミ 2012年度 ゼミリポート

ゼミで最も重視しているのは現実社会の様々な変化をしっかりと見極める観察力です。そのための学習環境がゼミで開発した「ひらつかスティックカレー」の販売であり、「マルシェビナ」への参加です。スタジアムでの食行動の観察やマルシェでの消費行動の分析を通じマーケティングとビジネスの基本を実践的に学んでいます。

ゼミレポート詳細へ

担当授業

4年次専門ゼミ、パソコン活用スキル養成、フードビジネス、マーケティングフィールドワーク、マネジメント実践ゼミⅡ、情報リテラシー、コミュニケーション論、デジタル文化とコンテンツ、ビジネス文書の作成

マネジメント実践ゼミⅠ、マネジメント実践ゼミⅢ、社会文化論

専攻・専門分野

  • 歴史学
  • 歴史的・文化・経済的資源を活用した「食」による地域ブランドの開発

代表的な著書・論文

・「大山信仰 民衆宗教史叢書 第22巻」 (共著) 1992年8月 雄山閣出版
・「江戸の参詣講」 1995年8月 秦野市 ぎょうせい
・「日本の文化宗教史」 (共著) 1996年5月 北樹出版
・「伊勢原市史 大山通史編」 (共著) 1999年3月 伊勢原市
・「燈籠仏の研究」(共著) 2000年11月 至文堂

ページの先頭へ戻る