情報マネジメント学部 准教授

川野邊 誠

KAWANOBE Makoto

川野邊 誠

音楽や映像などの情報を像情報といいます.人間は,像情報から色々な事を感じ,考えます.一方で,感じた事,考えた事を像情報で表現します.これらは,非常に身近な事でありながら,未知なる部分が多く存在します.その未知なる部分を解明すべく,像情報と人間との関係に深く着目して研究しています.講義では,知識・技術の他に“日々観察する事”と“論理的に物事を考える事”の大切さを伝えて行きたいと考えています.

ゼミ情報

川野邊 誠 ゼミ 2015年度 ゼミリポート

本ゼミでは,各自が好きなテーマを定め,「人や社会,環境を中心にモノやコトをデザインするHuman & Social Centered Design」という視点で物事を考え,テーマの目標達成を目指します.そのプロセスにおいて発生する様々な問題を解決することで,マネジメント能力を身につけ,どの業界でも活躍できる将来のマルチプレイヤーを育成します.

ゼミレポート詳細へ

担当授業

イベントプロデュース、インターンシップⅡ、コンテンツビジネスの実践、コンテンツビジネス入門、チーム学習ゼミ、コンテンツ企画演習、マネジメント実践ゼミⅡ、マネジメント実践ゼミⅣ

エンターテインメントビジネス講座、コンテンツプロデュース、デジタル文化とコンテンツ、マネジメント実践ゼミⅠ、マネジメント実践ゼミⅢ

専攻・専門分野

  • 情報科学
  • 感性情報処理
  • マルチメディア、マルチモーダル

代表的な著書・論文

・「楽曲により喚起される感情反応とRhythmに基づいた曲調変化との関係」 2001年10月 情報処理学会.
・“Corresponding Affect between Music and Color” 2003年10月 IEEE SMC2003.
・“Affective Mapping between Music and Color Combination” 2005年12月 IEEE ICICS2005.
・「楽曲から受ける印象の時系列変化を考慮した楽曲から配色へのメディア変換」 2006年12月 芸術科学会.
・“Development of an Algorithm for Media Conversion between Music and Color Combination based on Impression” 2007年12月 IEEE ICICS2007.
・「コンテンツビジネス入門」 2015年3月 三恵社.
・「音楽作品の感情価測定尺度項目と配色イメージスケール感のマッピング」 2009年3月 映像情報メディア学会.
・「全体調和を考慮した音楽と配色間の共通印象を介したメディア変換」 2012年1月 情報処理学会.
・「配色イメージスケールを介した実画像の印象推定アルゴリズムの提案」2014年11月 芸術科学会.
・「歩行中のスマートフォン操作を安全に行う方法の考案」2015年9月 情報処理学会 エンターテインメントコンピューティング2015.

ページの先頭へ戻る