情報マネジメント学部 准教授

伊藤 泰雅

ITO Yasumasa

伊藤 泰雅

大学では情報系の科目、特に演習科目を多く担当しています。専門は映像信号の処理や認識(内容理解)、CGなどですが、広く情報技術全般に興味があります。最近はLinuxサーバ管理、特殊撮影にも興味があります。

趣味は、電子工作(AVRマイコン)、弓道(2段)、ビリヤード、沖釣り、マラソン(42km経験あり)、映画、旅行、などです。

担当授業

情報リテラシー、PC製作講座、インターンシップⅡ、ソフトウェア開発の実践、学び方修得ゼミⅠ

コンピュータのしくみ、ソフトウェアの開発、情報活用演習、ビジュアルコンテンツの制作、学び方修得ゼミⅡ

専攻・専門分野

  • 画像の高画質化処理
  • 映像信号の加工とCG合成
  • 映像中の内容理解

代表的な著書・論文

・「NTSC2画面伝送システム」 1993年 映像情報メディア学会
・「アナログ2画面伝送方式における画質改善」 1994年 映像情報メディア学会
・"Image Enhancement Based on Estimation of High Resolution Component Using Wavelet Transform" 1999年 ICIP'99
・「ディジタル映像処理」 (共著) 2000年4月 オーム社
・「コンピュータの利用技術」 (共著) 2006年3月 ムイスリ出版
・Microsoft Office 2016テキスト (共著) 2017年3月31日 日経BP

ページの先頭へ戻る