このエントリーをはてなブックマークに追加

社会貢献とボランティア活動

第3回 子どもの育ちを社会で応援する

2017年6月5日

NPO法人神奈川子ども未来ファンド  理事 吉富多美氏

講師情報

NPO法人神奈川子ども未来ファンド  理事 吉富多美氏

子どもの育ちを社会で応援する

 「神奈川子ども未来ファンド」は、民間が民間を支援する全国初のテーマ型地域市民ファンドとして2003年に設立され、これまで「子どもの育ちを社会で応援する」をテーマに、多くの市民団体に対して活動資金の助成を実施してきました。最近では2016年度に5団体(76万円)、2017年度に5団体(89万円)に対して助成しています。

 こうした活動に関わる吉富氏からは、子どもたちが抱える多様な問題(苦悩等の現状)を踏まえ、児童文学作家として自身が執筆した「ハッピィバースディ」の中のいじめや虐待のケースを通して、子どもを理解し、子どもを愛し、社会が子どもを守るための方法や大人の果たすべき役割を、学生に大変わかりやすく講演していただきました。その中で、「子どもたちの心の声」に真剣に耳を傾けること、私たち大人の支援を必要とする子どもたちがいることを決して忘れないで欲しいと強く訴えています。

 また当該団体の事務局員である野北康子氏からも、同団体の活動が紹介され、学生に対して「活動への理解」と「活動参加により社会とつながること」の重要性をお伝えいただきました。

ページの先頭へ戻る